2020年2月5日(水)および2月19日(水)10:00~13:00に、上位プロバイダによるメンテナンスのため、wikiサービスの停止が発生します。ご利用のみなさまには大変ご不便をおかけしますが、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

量産型ガンダムF91

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
量産型ガンダムF91
外国語表記 Gundam F91 Mass-produced type
登場作品 機動戦士クロスボーン・ガンダム
デザイン

大河原邦男(F91)

長谷川裕一(本機)
テンプレートを表示
スペック
分類 汎用量産型モビルスーツ
型式番号 F91
主動力 熱核融合炉
開発組織 サナリィ
所属組織 地球連邦軍
所属部隊 第17機動中隊
主なパイロット 地球連邦軍一般兵
テンプレートを表示

概要 [編集]

地球連邦軍の依頼を受けたサナリィが開発したガンダムF91の量産型。

量産化に辺り、基本性能はそのままにして、試作機の問題点となった熱処理を解決するためヒートシンクを強化。一般兵士が搭乗することを想定して、バイオコンピューターのリミッターを試作機の水準から下げて扱い易くなる様仕様変更を行った。試作機との外見上の差異として、コックピットハッチにV字マークの追加、左肩の「91」のマーキングの右隣に機体番号が描かれている[1]等がある。

機動力や攻撃力は試作機とほぼ同一の水準を確保しており、背部にマウントした高出力ビーム砲「V.S.B.R.(ヴェスバー)」をメインウェポンとする。

登場作品[編集]

機動戦士クロスボーン・ガンダム
地球連邦軍の宇宙艦隊所属のハリソン・マディンの部隊に、ハリソン機含めて5機配備された。しかし、クロスボーン・ガンダムX1改キンケドゥ・ナウの近接戦闘に持ち込まれて、主力武器のヴェスバーの弱点たる「射角度の狭さ」を付かれて3機が戦闘不能に追い込まれた。その後の戦闘で見かけなくなったことから、全機が修理・或いは後方に回されたと思われる。

装備・機能[編集]

武装・必殺攻撃[編集]

バルカン砲
頭部2門内蔵。
メガマシンキャノン
胸部2門内蔵。
ビーム・ライフル
内蔵コンデンサーにより当時の一般機体の物より高出力。一部機体が装備しているが、使用する描写は見られなかった。
ビーム・サーベル
右腰に2本携帯。
ビーム・ランチャー
携帯式の高出力のビーム砲。作中未装備。
V.S.B.R.(ヴェスバー)
「Variable Speed Beam Rifle(可変速ビームライフル)」の略。背部にマウントした強力なビームライフル。メガ粒子ビームの無段階可変速調整機構によりビームシールドを貫通する高収束・高速の高貫通モードや低収束・低速の高威力ビームを発射可能。宇宙世紀の中でも多機能で高性能なビーム兵器であるが、背部にマウントしている影響で射角が制限されるなど扱いが難しい兵装である。連邦軍兵士はこの武装を頼りにしていたが、命中しないと威力を発揮できないだけに、相手が高機動力な敵機になると後手に回りやすい。作中では終始射撃体勢を取っている。
ビームシールド
左腕に装備された兵装。シールドビームが帯状に展開して大抵の攻撃を完全防御する。しかし、高出力のビーム兵器には対応できない。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ハリソン専用ガンダムF91
デチューン状態だった本機にカスタマイズを施し、原型機並みの性能を取り戻した機体。
ガンダムF91
原型機。

商品情報[編集]

リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ただし『クロスボーン・ガンダム』作中の一部コマのみ