クロスボーン・ガンダムX1改

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
クロスボーン・ガンダムX1改
外国語表記 Crossbone Gundam X1 kai
登場作品 機動戦士クロスボーン・ガンダム機動戦士クロスボーン・ガンダム スカルハートガンダムEXA
デザイン カトキハジメ
テンプレートを表示
スペック
正式名称 F97
分類 他惑星用試作型モビルスーツ
型式番号 XM-X1 kai
頭頂高 15.9m
本体重量 不明
全備重量 不明
主動力 熱核融合炉
ジェネレーター出力 5,280kw
スラスター推力 25,000kg×4(最大:30,000kg×4)
装甲材質 ガンダリウム合金ハイセラミック複合材
開発組織 サナリィ
所属 宇宙海賊クロスボーン・バンガード
母艦 マザー・バンガード
主なパイロット キンケドゥ・ナウ
テンプレートを表示

概要[編集]

クロスボーン・ガンダムX1の現地改修仕様。クロスボーン・ガンダムを上回る間合いを持つクァバーゼのスネークハンドに対抗するべく、腰部スカート内のシザー・アンカー用チェーンに替わり、スクリュー・ウェッブが装備された。スクリュー・ウェッブの攻撃力はスネークハンドには及ばないが、クァバーゼの攻撃に対抗する手段としては有効だった。ただし、この改修によってシザー・アンカーは使用不可能となっている。

武装を取り換えただけなので、外見や基本性能は以前と全く変わっていない。型式番号は変更されたが、これは便宜的なものと思われる。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士クロスボーン・ガンダム
パイロットはキンケドゥ・ナウ
地球連邦軍量産型ガンダムF91部隊や木星帝国死の旋風隊と戦い、消耗したところでザビーネ・シャルクロスボーン・ガンダムX2改に一騎打ちを挑まれ敗北、コクピットを貫かれ地球へと落とされた。しかし、キンケドゥの咄嗟の機転でビーム・シールドで大気圏を突破。その後機体は修復されて危機に陥っていたトビア・アロナクスクロスボーン・ガンダムX3の救援に向かい、ギリ・ガデューカ・アスピスクァバーゼを撃破。最終決戦でもザビーネと戦って勝利を収め、クラックス・ドゥガチディビニダドにも止めを刺した。
木星戦役終結後はトビアの新たな乗機として改修された上で運用されている。
機動戦士クロスボーン・ガンダム スカルハート
第2話「星の王女様」で登場。キンケドゥが搭乗し、小惑星ネバーランドで木星軍と戦った。
ガンダムEXA
パイロットはトビア・アロナクス
オリジナルのドゥガチが倒された後に地球へ降下してきたバイオ脳ディビニダドと戦うべくキンケドゥとコア・ファイターごと交代している。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

ABCマント
耐ビーム材と特殊繊維によって構成される布状の対ビーム用リアクティブアーマー。
ビームが着弾すると表面が蒸発し、エネルギーを相殺して機体を守る。ビーム・シールドと違って視認性が低く、機体のエネルギーを消費する事がないので稼働時間の延長にも繋がる。耐弾性は平均で通常のビーム・ライフル5発程度とされるが、防御性能は受け止めたビームの出力によって上下する。
コアブロックシステム
コクピットブロックは機体から分離してコア・ファイターとなる。基礎構造はクラスターガンダムのコア・ファイターを参考にしつつもよりマルチプルな運用を可能とする事を目標とし、システマチックに洗練されている。
多段式ロケット
地球連邦軍の第117基地に保管されていた物で、旧世代の固形燃料を使用している。これとメインスラスターを接続し、ビーム・シールドを展開する事で単機での大気圏離脱が可能となる。
最終決戦の為に基地ごと奪取し、木星軍への奇襲に使用された。
M.E.P.E.
ゲーム『SDガンダム GGENERATION』シリーズの一部でのみ採用されたオリジナル設定。キンケドゥがX1に乗っている場合にのみ発動可能。
本来はガンダムF91に発生する現象であり、原作で発生した事はないが、高速移動の演出として残像が出ているような描写が見られる。これをM.E.P.E.として解釈し、ゲームで実装したものと思われる。

武装[編集]

バルカン砲
頭部に2門内蔵されている機関砲。小口径ながらも必要充分な威力を持ち、主に牽制やミサイルの迎撃等に使用される。
ビーム・サーベル
両肩部に1本ずつ、計2本を格納されている。
ビーム・ガン
ビーム・サーベルは格納したままでもビーム・ガンとして使用可能。コア・ファイターの武装としても使用される。
ザンバスター
本機専用のビーム・ライフル。前後で分離する事でバスターガンとビーム・ザンバーとして運用出来るようにした装備。
グレネード・ランチャー
小型の実体弾兵器。ザンバスターの銃口に装着して発射する。
バスターガン
ザンバスターのバレル部を構成するビーム・ピストル。単独での威力は低い。非使用時は右腰部にマウントされる。
ビーム・ザンバー
ザンバスターのグリップ部を構成する大型ビーム・サーベル。名称は「斬馬刀」から取られている。本機の主兵装であり、バスターガンとの合体によるライフルとしての機能はあくまでも補助的なものでしかない。
大型の高出力ビーム刃を形成し、粒子を縦方向に偏向加速させる事で敵機をビーム・サーベルやビーム・シールドごと斬り裂く程の威力を発揮する。非使用時は左腰部にマウントされる。
ヒート・ダガー
両脚部に格納されている実体式の短剣。発熱機能は無く、スラスターの排熱を使って刀身部を加熱する。
脹脛部から取り出して手に持つ以外に足裏から刀身を出せば蹴りの威力を強化できる。或いは足裏から射出または露出させて攻撃する事も可能。
ブランド・マーカー
両腕部に装備されている格闘武器。ナックルガードのようにマニピュレーターに被せて四角錘状のビーム刃を形成した後、殴りつけて敵機の頭部やコクピット等を破壊する。そのままの状態でも肘打ちの要領で攻撃可能。
ビーム・シールド
ブランド・マーカーから展開可能。四角錘状のビーム刃の先端からシールドを形成する仕組みである為、通常のMSのそれとは異なり発生器をも覆う事ができる。
発生器は腕部から分離できるようになっているので、その状態でも内部に貯蔵されたエネルギーでシールドの形成を維持できる。
スクリュー・ウェッブ
マザー・バンガードの技術長がクァバーゼの装備するスネークハンドへの対抗策として実装した鞭状の武器。本機が装備する武器はどれも接近戦においてスネークハンドよりリーチが短い為、それを補うべく用意された。そのためリーチはこちらが若干長く、攻撃力こそスネークハンド程ではないものの対抗策としては充分な効果を発揮する。シザー・アンカーをオミットし、不使用時にはそのチェーンが入っていたリアスカート内に格納するようになっている。
先端部は小型のドリルのようになっており、敵機に食い込ませた後にグリップのスイッチを入れる事で回転させ破壊力を上げられる。ワイヤー部分も共に回転し、対象を切断する事も可能。

その他 [編集]

ビーム・アックス
トビアの乗機であったペズ・バタラそのまま武器として使用(トビアは事前に脱出している)。破損していて動かす事こそ出来なかったが、ビーム・アックスは問題なく使えたのでビームを発振した状態で振り回した。
分身攻撃
ゲーム『SDガンダム G GENERATIONシリーズ』の一部でのみ使用可能な攻撃。M.E.P.E.を駆使した連続攻撃を相手に叩き込む。

対決・名場面[編集]

量産型ガンダムF91
パイロットの技量差もあり、マシンの性能を引き出せていないF91の部隊を単機で一蹴している。
ハリソン専用ガンダムF91
ハリソン・マディンの搭乗するF91との一騎討ち。ほぼ互角の勝負だったが、ハリソンがヴェスバーで照準に入れた隙をついて2枚のビーム・シールドとビーム・ザンバーで無効化し、相手を戦闘不能に追い込んだ。
ちなみにキンケドゥ曰く「自分にビーム・シールドを初めて使わせた相手」とのこと。
『スカルハート』では「月刊MS」なる雑誌の名勝負10選に選ばれていたことが判明した。
クロスボーン・ガンダムX2改
ハリソンとの戦闘でセンサーが故障し、死の旋風隊とも戦って消耗していた為に苦戦を強いられる。そしてベラX2のコア・ファイターで運んできたビーム・シールドを受け取った隙を突かれてコクピットにビーム・サーベルが突き刺さり敗北、大気圏へと蹴落とされてしまう。だがキンケドゥは奇跡的に顔の負傷と右腕を失っただけで済み、ビーム・シールドを使った大気圏突入に成功して地上のサナリィ支社に回収され、機体も修復された。
最終決戦で再び交戦し、今度は勝利。フェイスカバーの展開機構を利用してX2改のヒート・ダガーを食い止め(この事から、カバーの展開機構には不自然な程のかなり高い出力があると思われる)、相手のコクピットに自分のヒート・ダガーを突き立て撃破した。

関連機体[編集]

クロスボーン・ガンダムX1
改修前の姿。
クロスボーン・ガンダムX1改・改
再度改修されたX1改。別名「スカルハート」。
クロスボーン・ガンダムX1パッチワーク
スカルハートの改修機。
クロスボーン・ガンダムX1フルクロス
木星決戦仕様。
クァバーゼ
この機体のスネークハンドに対抗するため改修された。

商品情報[編集]

ガンプラ[編集]

フィギュア[編集]

リンク[編集]