2020年2月5日(水)および2月19日(水)10:00~13:00に、上位プロバイダによるメンテナンスのため、wikiサービスの停止が発生します。ご利用のみなさまには大変ご不便をおかけしますが、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

クァバーゼ

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

EMS-VSX1 クァバーゼ(Quavarze)[編集]

木星帝国が対クロスボーン・ガンダム用に開発した3機の試作型モビルスーツの内の1機。
当時の木星帝国には単機でクロスボーン・ガンダムを超える性能を持つMSを開発するだけの技術がなかったため、やむを得ずに3機に分散し、チームを組ませる事で解決している。本機は攻撃担当で、敵機の間合いの外から一方的に攻撃する。
また、可変機構を持っており、モビルアーマー形態に変形できる。変形機構は非常に単純ながら、重力下でも飛行可能となっている。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士クロスボーン・ガンダム
死の旋風隊(デス・ゲイルズ)」の隊長であるギリが搭乗し、キンケドゥ達を苦しめている。しかし、地球でトビアX3と交戦した際、トビアがパイロットとして未熟であると侮った事と地球の重力に不慣れだった事が原因で劣勢になり、最後は救援に駆けつけたキンケドゥのX1改に撃墜されてしまった。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

変形
モビルア-マー形態へ変形。

武装・必殺攻撃[編集]

スネークハンド
両腕部に装備している武装。先端にビーム・ソーを備え、クロスボーン・ガンダムの間合いの外から攻撃する。ビーム・ソーは射出して攻撃可能。まるで某光の国の巨人の必殺技みたいである。
メガ粒子砲
頭部に1門内蔵。ギリがスネークハンドを好んで使っていたためか、使用頻度は少ない。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

量産型クァバーゼ
指揮官用の量産機。
アビジョ
トトゥガ
この2機との連携を前提に開発されている。

商品情報[編集]

話題まとめ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]