クァバーゼ

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
クァバーゼ
外国語表記 Quavarze
登場作品 機動戦士クロスボーン・ガンダム
デザイナー 長谷川裕一
テンプレートを表示
スペック
分類 対クロスボーン・ガンダム用特務可変モビルスーツ
型式番号 EMS-VSX1
主動力 熱核融合炉
開発組織 木星帝国
所属組織 木星帝国
所属部隊 死の旋風隊
主なパイロット ギリ・ガデューカ・アスピス
テンプレートを表示

概要 [編集]

木星帝国が対クロスボーン・ガンダム用に編成した特務部隊死の旋風隊の運用するモビルスーツ。指揮官用高級機として開発中だった物を急遽対クロスボーン・ガンダム用に改修した機体である。

当時の木星帝国には単機でクロスボーン・ガンダムを超える性能を持つMSを開発するだけの技術力がなく、その解決策として機体のパラメータを片寄らせ、長所を3機に分散。3機にチームを組ませる事で解決している。本機は死の旋風隊の攻撃の要であり、事実上部隊の中心格に当たる。

モビルアーマー形態への可変機構を持ち、本来の高機動ビーム戦モードへとパラメータがシフトする。変形機構は非常に単純ながら、重力下での飛行も可能となっている。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士クロスボーン・ガンダム
死の旋風隊(デス・ゲイルズ)」の隊長であるギリが搭乗し、キンケドゥ達と交戦した。しかし、地球でトビアX3と交戦した際、トビアがパイロットとして未熟であると侮った事と地球の重力に不慣れだった事が原因で形勢を覆され、最後は救援に駆けつけたキンケドゥのX1改に撃墜された。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

変形
モビルア-マー形態へ変形。MA形態ではクァバーゼ本来の高機動ビーム戦を展開する。

武装・必殺攻撃[編集]

スネークハンド
クロスボーン・ガンダムの接近戦法を研究して考案された特殊武装。自在に動くマシン・ウェッブと先端部のビーム・ソーから構成されている。ウェッブはクロスボーン・ガンダムの武装の間合いより一回り長く設定されている。
また、ビーム・ソーはビーム・ライフルと異なりビームを「同じ場所に居座り続けさせる」ことが出来る為、ABCマントを斬り裂き無力化するという利点があった。
メガ粒子砲
頭部に1門内蔵。ギリがスネークハンドを好んで使用していた事と、アビジョトトゥガとの連携を重視していた事もあって使用頻度は少ない。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

量産型クァバーゼ
本来の指揮官用として量産された機体。
アビジョ / トトゥガ
この2機との連携を前提に開発されている。


リンク[編集]