トトゥガ

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

EMS-VSX3 トトゥガ(Tortuga)[編集]

木星帝国が対クロスボーン・ガンダム用に開発した3機のモビルスーツの内の1機。当時の木星帝国には単機でクロスボーン・ガンダムを超える性能を持つMSを開発するだけの技術がなかったため、やむを得ずに3機に分散し、チームを組ませる事で解決している。本機は防御担当で、本来は重装甲、重武装の砲撃機であったものを改造し、背部には高出力のビームシールド発生装置が搭載されている。また、装甲は多重構造になっていて、内部には硬化ガスが封入されており、不用意に攻撃してきた敵機を硬化ガスで捕えることが可能である。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士クロスボーン・ガンダム
「死の旋風隊(デス・ゲイルズ)」のメンバーであるバーンズが搭乗し、キンケドゥ達を苦しめている。しかし、地球でトビアX3と交戦した際、内部の硬化ガスを逆手に取られて動きを封じられ、その隙にビームサーベルを叩き込まれて撃破されている。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

硬化ガス
装甲内に封入されているガス。接近戦を仕掛けてきた敵をこれで捕らえ、ハンマーハンドで破壊する。

武装・必殺攻撃[編集]

ハンマーハンド
両腕部に装備された武装。これで敵を殴りつけて破壊する。
ビーム砲
背部のトゲの先端からビームを発射する。
ビームシールド
背部に搭載された防御兵装。その高い出力は戦艦のビーム砲の直撃すら防ぐと言われ、クロスボーン・ガンダムのビームザンバーでも切り裂く事はできない。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

バーラ・トトゥガ
アラナ・アビジョ
仕様変更前の本機のビーム砲が追加されている。
クァバーゼ
アビジョ
この2機との連携を前提に開発された。

商品情報[編集]

話題まとめ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]