2020年2月5日(水)および2月19日(水)10:00~13:00に、上位プロバイダによるメンテナンスのため、wikiサービスの停止が発生します。ご利用のみなさまには大変ご不便をおかけしますが、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

アビジョ

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

EMS-VSX2 アビジョ(Abeja)[編集]

木星帝国が対クロスボーン・ガンダム用に開発した3機のモビルスーツの内の1機。当時の木星帝国には単機でクロスボーン・ガンダムを超える性能を持つMSを開発するだけの技術がなかったため、やむを得ずに3機に分散し、チームを組ませる事で解決している。本機は攪乱担当で、機動性を高めるために10m前後にまで小型化されている。そのせいでビーム兵器は搭載できず、装甲も薄い。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士クロスボーン・ガンダム
「死の旋風隊(デス・ゲイルズ)」のメンバーであるローズマリーが搭乗し、キンケドゥ達を苦しめている。しかし、地球でトビアX3と交戦した際、不慣れな重力下での戦闘で高い機動性を発揮できず、さらにはトビアを侮ってフォーメーションも自ら崩してしまっていたため、X3に捕まって至近距離からバルカンやビームガン、ガトリング砲の一斉射撃をくらって大破した。

装備・機能[編集]

武装・必殺攻撃[編集]

ニードルガン
右肩に装備された武装。威力は低いが、敵機の牽制に使うにはこれで充分であった。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

アラナ・アビジョ
アラナ
クァバーゼ
トトゥガ
この2機との連携を前提にして開発された。

商品情報[編集]

話題まとめ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]