ボールK型

提供: ガンダムWiki
Jump to navigation Jump to search
ボールK型
外国語表記 BALL
登場作品 機動戦士ガンダム 第08MS小隊
デザイン カトキハジメ
テンプレートを表示
スペック
分類 先行量産型モビルポッド
型式番号 RB-79K
全高 12.8m
本体重量 17.2t
主動力 燃料電池
装甲材質 ルナ・チタニウム合金
開発組織 地球連邦軍
所属 地球連邦軍
主なパイロット シロー・アマダ
テンプレートを表示

概要[編集]

ボールの先行量産型。カラーリングはオレンジでマニュピレーターが4本になっている。ザク・マシンガンをある程度耐えており、設計通りにルナ・チタニウム合金が使われていると思われる。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダム 第08MS小隊
第1話でテリー・サンダースJr.を救助するためにシロー・アマダが搭乗する。

装備・機能[編集]

武装・必殺攻撃[編集]

フィフティーンキャリバー
連射可能な2連装キャノン砲。
ウィンチワイヤー
作業用ワイヤー。ウィンチ下部のフック付きロケットをワイヤーに接続し発射する。劇中、シローが敵機の捕縛に使用した。

対決・名場面[編集]

宇宙用高機動試験型ザク
第1話より。サンダース初期型ジムを救助するべく出撃したシローは、デブリに隠れている宇宙用高機動試験型ザクを発見。攻撃を受けながらも装甲を盾にワイヤーで強引に接近、そのままザクを軸に回転し締め上げた。直後にヒート・ホークによる反撃を食らいかけるも、マニピュレーターで押さえつけている隙に零距離射撃で攻撃。両機体はダメージの蓄積により、そのまま爆散した。直前に脱出したシローは、同じく脱出した敵パイロットと共にマゼランの残骸に漂着。そこでシローは運命的な出会いを果たすことになる。

関連機体[編集]

ボール
正式量産機。『MS IGLOO』に本機と同装備の機体が登場している。

商品情報[編集]

リンク[編集]