2020年2月5日(水)および2月19日(水)10:00~13:00に、上位プロバイダによるメンテナンスのため、wikiサービスの停止が発生します。ご利用のみなさまには大変ご不便をおかけしますが、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

宇宙用高機動試験型ザク

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
宇宙用高機動試験型ザク
外国語表記 Zaku II Space High Maneuver Test Type
登場作品
デザイナー 山根公利
カトキハジメ(MSD)
テンプレートを表示
スペック
分類 宇宙用試作型モビルスーツ
型式番号 MS-06RD-4
頭頂高 17.5m
本体重量 60.3t
全備重量 77.5t
主動力 熱核融合炉
ジェネレーター出力 986kW
スラスター総推力 53,000kg
装甲材質 超硬スチール合金
センサー有効半径 3,200m
開発組織 ツィマッド社
所属 ジオン公国軍
主なパイロット アイナ・サハリン
テンプレートを表示

概要[編集]

ジオン公国軍の試作型モビルスーツ。機体名称は公式では「高機動試作型ザク」と呼称されている。

リック・ドムの脚部熱核ロケットエンジンを開発するために製造された試作機であり、ザクIIの上半身にドムの下半身が合わさったような姿をしている。上半身のザクはF型ともR型とも言われているが、バックパックの形状はF型と同型である。両肩部はザクIと同じように右肩にシールドがなく、左肩部にスパイクがないものとなっている。

THE ORIGIN』の設定に準じた『MSD』では多少設定が異なっており、ツィマッド社が独自の宇宙戦用モビルスーツの開発過程で開発した機体となっている。また、本機に次ぐ試作機としてドム試作実験機が開発されている。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダム 第08MS小隊
パイロットはアイナ・サハリン初期型ジム3機と交戦し、2機を撃墜、1機を大破させるが先行量産型ボールと相打ちになり機体は爆散した。
MSD
設定を一部変更した上で登場。
機動戦士ガンダム THE ORIGIN MSD ククルス・ドアンの島
開発訓練Y-02小隊の所属機が登場。ザクIIと同様右肩にシールドと左肩にスパイクアーマーを装備、バックパックをザクマインレイヤーの物に換装、主兵装としてアクト・ザクのブルパップ・ガンを装備、といった混成装備となっている。

装備・機能[編集]

武装・必殺攻撃[編集]

ザク・マシンガン
ドラムマガジン式の口径120mmマシンガン。本機のマシンガンはZMP-50Dである。
MSD』においても本機のMS用マシンガンは通常のザクIIとは異なるものであり、ZMP-50Dと同型となっている。
ヒート・ホーク
高熱の刃で溶断する格闘武装。
ブルパップ・ガン
アクト・ザクの主兵装。Y-02小隊所属機が使用。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ザクII
ベース機。
リック・ドム
完成機。
ドム試作実験機
MSD』において本機の次に開発された機体。

商品情報[編集]

ガンプラ[編集]

※MSD版

リンク[編集]