2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

テリー・サンダースJr.

提供: ガンダムWiki
移動先: 案内検索

テリー・サンダースJr.(Terry Sanders Jr.)[編集]

概要[編集]

地球連邦軍軍曹。29歳。特技はピアノ演奏。
所属する部隊が三度目の出撃で彼一人を残して全滅するというジンクスがあるため、「小隊潰し」「死神サンダース」というあだ名で囁かれ疎まれていた。シローと初めて遭遇したのも、作戦行動中にジオン軍MSに追い詰められ、部隊が自分を残して全滅し窮地に陥っていたときである。この時はボールで救出に駆け付けたシローが逆に行方不明になってしまったため、半壊したジムで必死の捜索に臨んだ。シローが帰還した後はそのまま08MS小隊に配属、地球降下後は配属直後から空回りするシローとクルーとの橋渡し役となって徐々に隊の結束を強めた。

特に縁起担ぎやツキを信じる兵士達には無理からぬことではあったが、本人もかなりジンクスを気にしている。「死神のジンクス」から08小隊三度目の出撃では全滅させてしまうと危惧し、転属を申し出るが却下され、それどころか敵の大型試作MAに遭遇し本当に全滅の危機に瀕してしまう。しかし彼を信頼してくれたシローと隊員の誰も死なせたくないという想いと、「自分を残して全滅するジンクスが本当なら、自分はどんな無茶をしても死なないはず(あるいは自分が最初に死ねばジンクスは否定される)」という半ば自分への脅迫的な発想、そして何より自身を信頼し続けた仲間の援護もあってアプサラスを撃退。誰一人欠けることなく生還し、ジンクスを吹き飛ばす事に成功する。その後は憑き物が落ちたのか、彼本来の優れた技能を発揮した。
元々彼の「自身を残して部隊が全滅する」というジンクスは、「彼の操縦センスが抜きん出ていたため一人生き残れた」という事実の裏返しであり、初めて乗る陸戦型ガンダムにすんなりと順応し、第08小隊の面々で最も機体への損害を受けなかったほか、公式サイトの記述によれば初期型ジム搭乗時だけで6機を撃墜した貴重なエースであるなど高い技術を有していた裏付けもある。

強面でいかつい外見とは裏腹にジンクスに拘る繊細な面を持ち、同時に非常に仲間思い。特に命を救われたシローを強く信頼しており、07小隊のメンバーに自分のことをなじられても忍の一時で耐えていた彼だが、シローに言及するや激高。3人を相手に殴りかかったり、降下作戦の際にシローを「スパイの兄ちゃん」と揶揄された時には気色ばんで抗議した。

登場作品と役柄[編集]

機動戦士ガンダム 第08MS小隊
初登場作品。シローの浮いた理想、言動を目の当たりにしても信頼を捨てないよき理解者として描かれている。
機動戦士ガンダム0083 REBELLION
08小隊解散後の彼が登場。ラサ基地に所属している。補給のため訪れたアルビオン隊と基地の兵士の間で起きたトラブルに巻き込まれる。

人間関係[編集]

機動戦士ガンダム 第08MS小隊[編集]

シロー・アマダ
08小隊の隊長。自分のジンクスを吹き飛ばしてくれる事となる。
ミケル・ニノリッチ
08小隊の隊員。原作では一度ホバートラックの索敵を代わった事もある。
カレン・ジョシュワ
08小隊の隊員。常にシローに噛みつく彼女と、理想論を曲げないシローとの間で胃の痛い立場になる。
エレドア・マシス
08小隊の隊員。不在時にサンダースが代わりを務めた。
ロブマイク
07小隊の小隊長と隊員。ジンクスの件でサンダースを挑発した。
イーサン・ライヤー
スパイ容疑のあるシローを監視するよう、脅迫する形で命令してきた。

機動戦士ガンダム0083 REBELLION[編集]

コウ・ウラキ
彼にシローの面影を見る。その後、基地の上官に絡まれた彼をさりげなく助ける。
アルファ・A・ベイト
同僚とアルビオン隊パイロット同士の乱闘中に喧嘩を吹っかけてきた。

名台詞[編集]

「く、くそぉ…弾さえあれば…っ」
「俺の悪運も、これまでか…」
第1話より、初登場時の台詞。宇宙用高機動試験型ザクに追い詰められ、万事休すのサンダース。そこへ思いもよらぬ救援が現れる。
「また居場所が無くなっちまった…」
同上。回収された輸送艇の中で1人、悲しみの声をもらす。
「この少尉なら、俺のツキを変えてくれるかもしれない…」
同上。08小隊への転属と共に、自身を助けたシローが隊長に選ばれた事を知り、寝息を立てる彼にほほえみながら敬礼する。
「来るなら来てみろ!」
第4話より。新兵器アプサラスIの巨体を前に、危機に陥ったカレン・ジョシュワを救出すべく身を乗り出した。この時のアプサラスはまったく情報のない状態での偶然の遭遇であったため立ち向かうこと自体無謀であったが…。
「死なせはせん!誰ひとりとて死なせはせんぞぉ!!」
アプサラスIを前に怯みもせず立ちふさがり、180mmキャノンを構える。サンダースの声優である玄田哲章さんは劇場版機動戦士ガンダムIIIやその他メディアでドズル・ザビの声も担当していたことから、「やらせはせんぞ」のオマージュと思われる。
「俺は……俺は、死神じゃない!」
「負けるか…負けるもんか…俺は負けんぞ!」
上記からさらに自分に言い聞かせるように激しく鼓舞した。結果的に全滅どころか全員生還し、見事にジンクスを吹き飛ばした。08小隊の絆がさらに固くなったエピソードである。
「隊長はスパイなんかじゃない!そんな器用な人じゃないんだ!」
第9話より、シローにアイナとの一件からスパイ疑惑が掛かり07小隊に絡まれた後に叫んだセリフ。…まぁ、言いたいことは分かるし、事実その通りなのだが…フォローになっていない(苦笑)。
「あっという間に一機……こいつは……エースだ!」
第10話より、颯爽と現れ、鮮やかに量産型ガンタンクを撃破した強敵ノリス・パッカードへ。エースはエースを知るといったところか。08小隊の行動を完全に読み切った相手に脂汗がしたたる。

搭乗機体・関連機体[編集]

初期型ジム
1話冒頭での搭乗機。
陸戦型ガンダム
第08MS小隊所属時の搭乗機。180mmキャノンを用いた長距離射撃を担当することもある。
74式ホバートラック
エレドア不在時と、自機の小破・行動不能時に搭乗。
陸戦型ジム
『0083 REBELLION』での搭乗機。

商品情報[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]