2020年2月5日(水)および2月19日(水)10:00~13:00に、上位プロバイダによるメンテナンスのため、wikiサービスの停止が発生します。ご利用のみなさまには大変ご不便をおかけしますが、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

初期型ジム

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
初期型ジム
外国語表記 GM PRECESSION TYPE
登場作品 機動戦士ガンダム 第08MS小隊
テンプレートを表示
スペック
分類 先行量産型モビルスーツ
型式番号 RGM-79[E]
頭頂高 18.0m
主動力 熱核融合炉
開発組織 地球連邦軍
開発拠点 ルナツー
所属 地球連邦軍
主なパイロット テリー・サンダースJr.
テンプレートを表示

概要[編集]

ルナツーの工廠で開発されたジムの先行量産型。正確にはジム改の先行量産型である。同じ先行量産型に陸戦型ジムがある。「宇宙用ジム」、「宇宙用ジム ルナツー仕様」、「先行量産型ジム (宇宙戦装備)」など様々な表記がされる事もある。性能に関しては先立つ実践データが無かったため、あまり良くはなかったようだ。

書籍『マスターアーカイブ モビルスーツ ジム』の設定では、本機の本格生産モデルである「E型」の開発が予定されており、本機はその先行量産機である「[E]型」として生産された事になっている。ただ、G型(ジム・コマンド)の開発が想定よりも早く進んだ事により、E型の開発は中止。開発中だったランドセルはGS型(ジム・コマンド宇宙戦仕様)、本体設計はC型(ジム改)へと転用された。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダム 第08MS小隊
初登場作品。登場は第1話のサンダース機のみ。登場するやいなや半壊する憂き目にあうが、漂流中のシローを捜索し、満身創痍の状態で務めを果たした。また、サンダースはジムで6機の撃墜スコアを持っており、それが本機を指しているのであれば、本編以前に相当の活躍をしていた事が窺える(所属部隊の被害に目を瞑れば)。

装備・機能[編集]

武装・必殺攻撃[編集]

バルカン砲
頭部に2門内蔵。劇中未使用。
90mmブルパップ・マシンガン
ビーム撹乱幕や天候、大気の状態に左右されない信頼性と安定性を持つブルパップ式のマシンガン。

対決・名場面[編集]

機動戦士ガンダム 第08MS小隊[編集]

死神のジム
第1話より。サンダースとその上官・同僚の3機が、宇宙用高機動試験型ザクとその護衛のザク3機と交戦。護衛の1機を撃墜するものの、試験型ザクによって[1]サンダースを残し部隊は全滅。サンダース機も試験型ザクとの戦闘で両脚と左腕を失い、デブリの陰に追い込まれる。弾薬も底を突きかけ、もはやこれまでかと思われたが……

関連機体[編集]

ジムジム改
正式に量産された機体。後者は本機のデザイン元となっている。
陸戦型ジム
本機と同様に先行量産された機体。資料によっては本機を同機の宇宙仕様とする物がある。
ジム (RGM-79E)
本機の本格生産モデルとして開発が予定されていた。書籍『マスターアーカイブ』に記載。本機が[E]型なのに対し、こちらはE型。連邦軍内の資料で、本機と型式番号の混同が見られるとの事。
ジム後期生産型 (センチネル0079版)
ジム(RGM-79)の後期生産型のカトキ版デザイン。書籍『センチネル0079』に掲載。機体デザインはC型、ランドセルはGS型と、上記のE型と共通点が多い。

商品情報[編集]

フィギュア [編集]

※全5種類

書籍 [編集]

リンク[編集]

脚注[編集]

  1. 公式サイト、宇宙用高機動試験型ザクの説明文より