ブルパップ・マシンガン

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ブルパップ・マシンガン
外国語表記 BULLPUP MACHINE GUN
登場作品
デザイナー 出渕裕
テンプレートを表示
スペック
分類 モビルスーツ用マシンガン
型式番号 HWF GMG MG79-90mm
口径 90mm (異説55.6mm)
使用弾薬 実体弾
マガジン ボックスマガジン
装弾数 20発
開発組織 HWF社
所属組織 地球連邦軍
主な使用機体
テンプレートを表示

概要[編集]

HWF社が開発した90mm口径のMS用マシンガン。ジム・マシンガンとも呼ばれる。

口径は100mmマシンガンから小さくなったが、新型炸薬を用いることで砲口初速が増し、ジオン公国軍MSの超硬スチール合金装甲に対して高い貫徹力を発揮した。

弾薬は任務に応じてSU-β徹甲榴弾、AS-γ対艦徹甲弾、FW-ν成形炸薬弾を使用し、コロニーや随伴歩兵などに危害を加えないケースレス弾となっている。但し弾詰まりが起こった際には非常用の排莢口から排莢する必要がある。

登場作品[編集]

機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争
初登場作品。
機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY
連邦軍の射撃兵装として運用されており、ガンダム試作1号機も地球での戦闘で使用している。
機動戦士ガンダム 第08MS小隊
初期型ジムの装備として登場。
機動戦士ガンダムUC
運用開始からすでに10年以上の月日が経っているが、未だに運用されている[1]

バリエーション[編集]

90mmショートマシンガン
宇宙世紀0090年代末に登場した改良モデル。
新型マガジンを採用したことでバランスが改善され、装弾数も増加した。なお機関部はそのままなので弾詰まり用の排莢口もブルパップ・マシンガンと同じ位置にある。
宇宙世紀0097年時にマーサ・ビスト・カーバインの護衛部隊が運用している。

関連機種[編集]

ライフル
THE ORIGIN』に登場したMS用マシンガンで、本武器に酷似した形状を持つ。銃尾に腕部をホールドする固定具が備え付けられており、ガンキャノン最初期型などが運用している。
100mmマシンガン
一年戦争時に地球連邦軍で運用されたヤシマ重工製の実弾式マシンガン。こちらは戦後に順次退役した。
MMP-80
ジオン軍が運用した同口径の短機関銃。小口径化することで貫徹力を向上させるといった本銃と同じコンセプトで開発されている。
ジム・ライフル
機関部を共用している。

商品情報[編集]

書籍 [編集]

リンク[編集]

脚注[編集]

  1. episode.4でトリントン基地所属のネモが装備。