2016年1月30日(土)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

アプサラスI

提供: ガンダムWiki
移動先: 案内検索

型式番号不明 アプサラスI(Apsaras)[編集]

概要[編集]

ジャブロー攻略のためのアプサラス計画によってギニアス・サハリンの手で開発されたモビルアーマー。ミノフスキークラフトによって敵の防空圏外の成層圏まで上昇し、強力なメガ粒子砲によって奇襲を仕掛けることを目的としている。胴体は半球状で中央にはメガ粒子砲、前後4箇所に降着脚が設置されている。頭部はザクIIのものである。本機は1号機でミノフスキークラフトの実験を目的としていたためメガ粒子砲は搭載していない。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダム 第08MS小隊

装備・機能[編集]

武装・必殺攻撃[編集]

ミノフスキークラフト
本来は武装ではないが戦闘になった際にはこれによって衝撃波を発生させる。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

アプサラスII
メガ粒子砲を搭載した2号機。
アプサラスIII
完成型の3号機。

商品情報[編集]

リンク[編集]