アプサラスI

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
アプサラスI
外国語表記 Apsaras I
登場作品 機動戦士ガンダム 第08MS小隊
デザイナー カトキハジメ
テンプレートを表示
スペック
分類 実験用試作型モビルアーマー
主動力 熱核融合炉
開発組織 ジオン公国軍
開発拠点 ラサ基地
所属 ジオン公国軍
主なパイロット アイナ・サハリン
テンプレートを表示

概要[編集 | ソースを編集]

アプサラス計画で開発された試作型モビルアーマー。アプサラスの第1号機。半球状のボディにザクIIの頭部を設置した姿を持ち、機体の四隅に着陸脚が取り付けられている。

ミノフスキークラフトによる飛行能力試験機であり、機体下部に搭載されたミノフスキークラフトによって飛行する。検証用の非武装機であり、機体中央部のメガ粒子砲砲口にはカバーが取り付けられている。その性質上、機体そのものに戦闘能力は無いが、ミノフスキークラフトの出力を瞬間的に上げ、その際に生じる衝撃波によって攻撃することが可能。

登場作品と操縦者[編集 | ソースを編集]

機動戦士ガンダム 第08MS小隊
第4話で登場。ドップ隊随伴の下、テスト飛行を行っていたが、その最中に機体に不調が発生し、連邦軍の勢力圏内へと降下。そこで接近を察知し待ち伏せていた第08MS小隊と会敵してしまう。被弾したノリス機の離脱を援護するため08小隊と交戦し、衝撃波とその巨体で窮地に陥れるも、サンダースの猛攻と他の機体からの援護射撃を受け損傷したため撤退している。

装備・機能[編集 | ソースを編集]

特殊機能[編集 | ソースを編集]

ミノフスキークラフト
ミノフスキー粒子の特性を利用し、重力下で機体を浮揚させるシステム。緊急時には出力を瞬間的に上げることで、発生した衝撃波を武器として用いている。

武装・必殺攻撃 [編集 | ソースを編集]

体当たり
08小隊と遭遇した際、ドップ隊と交戦中の陸戦型ガンダムカレン機)に体当たりを仕掛け地面に叩きつけた。
衝撃波
地表に接近し、ミノフスキークラフトから辺り一面の地形を変貌させる程の強力な衝撃波を発生させる。

対決・名場面[編集 | ソースを編集]

関連機体[編集 | ソースを編集]

アプサラス0
大気圏突入のデータ収集用の機体。漫画版『08』にのみ登場する。
アプサラスII
メガ粒子砲を搭載した2号機。
アプサラスIII
アプサラスの完成型となる3号機。
グロムリン
一部資料ではアプサラス計画のデータを元に開発された機体とされている。

商品情報[編集 | ソースを編集]

フィギュア [編集 | ソースを編集]

リンク[編集 | ソースを編集]