2016年1月30日(土)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

陸戦型ガンダム

提供: ガンダムWiki
移動先: 案内検索

RX-79[G] 陸戦型ガンダム (Gundam Ground Type)[編集]

地球連邦軍の量産型モビルスーツガンダムの試験落ちパーツを流用して作られた戦時量産型MSである。その為、各パーツにバラツキがあり、性能を均一化させるためリミッターがかけられている。ガンダムとの外見上の違いは、コクピットブロックの位置、肩に装備された輸送機からの降下用のフック、整備性を重視したマッシブな機体形状等。特徴としてコアブロックシステムを廃止して後に開発されるジムのようにカセットブロック式のコクピットになっている。さらに空間戦闘用の装備を排除、完全に陸戦用として開発された。試験落ちパーツはジェネレーターなどの内装部品の類で、外装を含めた装甲は新規設計である。

試験落ちパーツの流用品という誕生経緯から純正の部品はストックがほぼない状況に等しく、一度破損したら陸戦型ジムや撃破したジオン軍のMSの部品を使って修理するという現地改修型が多く誕生した。
ガンダムの名を冠する機体ではあるが、期待されたほどの戦果を上げることはできず、実際に戦果を上げたのはもっぱらジムなどの量産機であった。
なお、遅くともグリプス戦役前までには陸戦型ジムと同様、派生機を含めた全機が退役したと言われており、ガンダムの系譜にも本機体の名前は含まれていない。

20機程生産されたと言われるが小説版08小隊ではコジマ大隊だけで04・06・08に配備されていることから9機は確定であり、「ガンダム戦記」でもマット・ヒーリィが乗り、「修羅の双星」に3機が登場。更にブルーディスティニー計画で3機使用されていることから20機は超えていると思われる。
しかし生産段階での軍事費投入による徴用転用はむしろ戦時下では至極ありうることであり、生産数との数値が乖離することもあり得るであろう。

「ギレンの野望」シリーズでは「先行量産型ガンダム」と呼ばれる場合が多い。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダム 第08MS小隊
シロー・アマダ、カレン・ジョジュア、テリー・サンダースJr、ミケル・ニノリッチが搭乗・小説では04・06・08小隊に配備されていたという。
機動戦士ガンダム スピリッツオブジオン~修羅の双星
ニューヤークで作戦を行っていたMS小隊が乗っていた。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

リミッター解除
各部パーツのリミッターをパイロットの任意で解除可能。しかし、制限時間内に停止させなければ機体が爆発してしまう。
ウェポンラック

武装・必殺攻撃[編集]

胸部バルカン砲
マルチランチャー
100mmマシンガン
ビーム・ライフル
ビーム・サーベル
180mmキャノン
ショート・シールド
バズーカ
ミサイルランチャー
ネットガン
ガンダム・ハンマー

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ガンダムEz8
陸戦型ガンダムをベースに、運用上の問題を解決するべく様々なパーツ(ジャンクパーツも含む)を用いて改造された、第08MS小隊専用のワンオフカスタム機。
陸戦型ガンダム (ジム頭)
現地改修機。
B.D.1号機
EXAMシステム試験機。陸戦型ジムを素体にして開発が進められていたが、ジムでは能力不足であるとしてEXAMシステムが組み込まれた頭部を陸戦型ガンダムに移植し、完成を見た。
B.D.2号機B.D.3号機
1号機の反省から、最初から陸戦型ガンダムを素体にして開発された。
スレイヴ・レイス
強化改修機

商品情報[編集]

話題まとめ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]