2020年2月5日(水)および2月19日(水)10:00~13:00に、上位プロバイダによるメンテナンスのため、wikiサービスの停止が発生します。ご利用のみなさまには大変ご不便をおかけしますが、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

ブルーディスティニー1号機

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ブルーディスティニー1号機
外国語表記 BLUE DESTINY UNIT1
登場作品
デザイン
  • 大河原 邦男
  • NAOKI(ザ・ブルー)
  • テンプレートを表示
    スペック
    分類 EXAMシステム搭載機(モビルスーツ
    型式番号 RX-79BD-1
    全高 18.5m
    本体重量 52.8t
    全備重量 73.0t
    主動力 熱核融合炉
    装甲材質 ルナ・チタニウム合金
    開発組織 地球連邦軍
    所属 EXAM研究所 ⇒ 第11独立機械化混成部隊 (モルモット隊)
    主なパイロット
    テンプレートを表示

    概要 [編集]

    陸戦型ガンダムをベースに、頭部にEXAMシステムを搭載した試作実験機。

    当初は陸戦型ジムを試験ベースの機体 (RGM-79BD-1)として完成する予定だったが、機体がシステムの要求する動きに応えられず、システム開発者クルスト・モーゼス博士の期待に添える結果でなかったために、急遽システムの搭載されている頭部のみを陸戦型ガンダムに移植して、引き続き開発が行われることとなった。

    開発試験中にEXAMシステムが暴走し、試験パイロットはあまりの過負荷に耐えきれず死亡した(漫画『ザ・ブルー・ディスティニー』では再起不能になったものの、一命は取り留めている)。しかし、パイロットを失ってもなお暴走を続ける機体が作戦終了後の友軍部隊を襲撃し、居合わせた「モルモット隊」と交戦、損傷した。回収された本機はアルフ・カムラ技術士官によってEXAMシステムにリミッターをかけられ、通常50%しか機能しなくなる。その上で実験部隊である「モルモット隊」に配属され、ユウ・カジマの乗機となった。暴走を繰り返し、パイロットを死に至らしめた本機は、機体そのものが「蒼い死神」の異名で呼ばれた。

    機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY』の1作目の発売当初、その見た目から「ジム・ブルーディスティニー」とも呼ばれていたが、続編で2号機3号機が登場したことで、この名前で呼ばれることは少なくなった。

    登場作品と操縦者[編集]

    機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY
    初登場作品。第1作ではステージ2の敵として登場し、第2作では主役機を務めた。アルフ・カムラの意向により、モルモット隊隊員であるユウ・カジマがテストパイロットに選ばれている。
    機動戦士ガンダム外伝 ザ・ブルー・ディスティニー
    リメイクに伴い、NAOKI氏によりデザインがリファインされた。

    装備・機能[編集]

    特殊機能[編集]

    EXAMシステム
    ニュータイプ用OS。頭部に内蔵。

    武装・必殺攻撃[編集]

    頭部バルカン砲
    頭部に2門内蔵している。
    胸部バルカン砲
    胸部に2門内蔵している。
    胸部有線式ミサイルランチャー
    腹部2箇所から射出される、有線式のミサイル。
    100mmマシンガン
    連邦軍のモビルスーツの汎用装備。本機の主装備である。
    マシンガン
    100mmマシンガンをブルーディスティニー用に改良したタイプ。バレル部分にサプレッサーが付いているのが特徴。初出はCG画集『GUNDAM FIX(97年5月号)』に掲載されているカトキハジメ氏デザインの1号機より。
    ブルパップ・マシンガン
    原作ゲームのゲーム中における主装備。
    ビーム・ライフル
    陸戦型ガンダムが使用している物をブルーディスティニー用に改良したタイプ。PS2ソフト『機動戦士ガンダム戦記』等で装備している。
    ビーム・サーベル
    陸戦型ガンダムと同様、2基装備。原作ゲームではサーベルラックの位置が設定されていなかったらしく、媒体によってフロントアーマーのボックス(高山版コミック、初代Gジェネ)、陸戦型ガンダムと同様の脚部側面(97年8月発売の設定資料集 [1]、HGUC等)と分かれており、現在は後者が主流となっている。
    シールド
    陸戦型ジムや陸戦型ガンダムと同型のものを装備している。

    対決・名場面[編集]

    イフリート改
    キャリフォルニアベースで激戦を繰り広げ、辛くも勝利。しかし、爆散間際のイフリート改から放たれたグレネード・ランチャーが頭部に直撃。EXAMシステムを失った本機は擱座した。
    サイドストーリーズ』では、頭部破壊までの経緯が変更。機体に限界が来たために行動不能になったイフリート改に止めを刺そうとしたが、ラウのドムが身を呈して庇ったために失敗。そのまま押し込められた状態で、超至近距離からのジャイアントバズの砲撃で頭部を破壊された。

    関連機体[編集]

    ブルーディスティニー1号機【ステルス】
    『ザ・ブルー・ディスティニー』に登場するステルス仕様。鹵獲したイフリート・ナハトから得られたステルス技術が反映されている。
    ブルーディスティニー1号機【フルアームド】
    同じく『ザ・ブルー・ディスティニー』に登場する重装備仕様。
    ブルーディスティニー0号機
    この機体から頭部が移植されている。
    ブルーディスティニー2号機3号機
    兄弟機。
    イフリート改
    同じくEXAMを搭載。ある意味兄弟機。
    陸戦型ガンダム
    頭部を除いたベース機。
    ブルーディスティニー1号機 GPBカスタム
    ガンプラビルダーズ』に登場する本機のガンプラで、バックパックを2号機と同様の物に交換した宇宙戦仕様。モデラーはサム。

    余談 [編集]

    • EXAMシステムを起動した際にゴーグルが赤く発光する、というのが現在のEXAMシステム搭載機の主流だが、当初は『戦慄のブルー』の開発段階時の設定らしく、製品版では没案となったためか緑色のままになっていた[2]。ただ、『戦慄のブルー』と同時期に発売された高山版コミックには赤目のブルーが描かれており、これを基にしたためか、初代『SDガンダム GGENERATION』では2、3号機を含め、EXAMシステム発動時にカメラが赤く発光するという演出が採用され、以降の各媒体で主流となった。以上の事から没案(断言はできないものの)が公式に昇華したという珍しい事例となっている。

    商品情報[編集]

    旧HGUC

    新HGUC

    リンク[編集]

    脚注[編集]

    1. 画稿に陸戦型ガンダムの物を流用しているため、事実上、文字設定のみ。
    2. 『戦慄のブルー』説明書に掲載されているゲーム画像に赤目のブルーの画像がある。それ以外にも、ハンドグレネード残弾の表記など製品版とは異なる部分が見受けられる。