ブルーディスティニー0号機

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ブルーディスティニー0号機
外国語表記 Blue Destiny Unit 0
登場作品 機動戦士ガンダム外伝 ザ・ブルー・ディスティニー
デザイナー 大河原邦男
テンプレートを表示
スペック
分類 試作実験機 (EXAMシステムテスト機)
型式番号 RGM-79BD-0
全高 18.5m
主動力 熱核融合炉
装甲材質 ルナ・チタニウム合金
センサー有効半径 センサー有効半径
原型機 陸戦型ジム
開発組織 地球連邦軍
開発拠点 EXAM研究所
所属 地球連邦軍
主なパイロット クレア・キルマー
テンプレートを表示

概要[編集]

地球連邦軍に亡命したクルスト・モーゼスによる協力のもと、陸戦型ジムをベースに開発された連邦軍初のEXAMシステム搭載機。カラーリングは青と白のツートンで、他のEXAM搭載機に比べ、青の塗装は胴体と足先に留まっている。

EXAMシステムの稼働テストを目的とした機体であり、頭部バルカン砲を有しているものの、基本的には非武装(他には腰部に100mmマシンガンの予備マガジンを備えている)。機体各部には出力強化、冷却、データ収集用装備などが搭載されている。

EXAMシステム稼働テストの結果、機体は1分も経たずにオーバーヒート。その為、次の開発のベース機にハイスペック機である陸戦型ガンダムが選定。実戦テスト機であるブルーディスティニー1号機が開発される事となる。

この際、開発期間短縮を希望するクルスト博士の意向により、本機の頭部はそのまま1号機に移植された。残された胴体はEXAM研究所に保管されている。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダム外伝 ザ・ブルー・ディスティニー
パイロットはクレア・キルマー。ニムバスによるブルーディスティニー3号機の破壊を阻止するために頭部のない本機で立ちはだかる。しかしブルーディスティニー2号機に両腕を破壊されビームサーベルでコクピットを切り刻まれ撃破される。
原作ゲームの時点であった「陸戦型ジムベースの試作機」という設定を基に、大河原邦男氏によって新規デザインされた。機体名も新たに設定されたものである。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

EXAMシステム
ニュータイプ用OS。頭部に内蔵。

武装・必殺攻撃[編集]

頭部バルカン砲
頭部に2門内蔵。本機唯一の武装。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

陸戦型ジム
原型機。
ブルーディスティニー1号機
本機の頭部が移植されている。

商品情報[編集]

書籍 [編集]

リンク[編集]