2020年2月5日(水)および2月19日(水)10:00~13:00に、上位プロバイダによるメンテナンスのため、wikiサービスの停止が発生します。ご利用のみなさまには大変ご不便をおかけしますが、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

イフリート改

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
イフリート改
外国語表記 EFREET CUSTOM
登場作品
デザイナー
  • 大河原邦男 (THE BLUE DESTINY版)
  • NAOKI (ザ・ブルー版)
  • テンプレートを表示
    スペック
    分類 EXAMシステム搭載機(モビルスーツ)
    型式番号 MS-08TX[EXAM]
    頭頂高 17.2m
    本体重量 59.4t
    全備重量 96.4t
    主動力 熱核融合炉
    ジェネレーター出力 1,072kW
    装甲材質 超硬スチール合金
    開発組織 ジオン公国軍
    所属 ジオン公国軍
    主なパイロット ニムバス・シュターゼン
    テンプレートを表示

    概要[編集]

    ジオン軍が先だって開発した試作機「イフリート」をベースに、EXAMシステム搭載を前提に改良を加えた機体。本機の開発後、クルスト・モーゼスが連邦に亡命した事でジオン唯一のEXAM搭載機となった。

    クルストが開発に携わった機体である為、装甲は青く塗装されているが、ニムバスの趣味によって両肩が赤くペイントされている。また、EXAMを内包する頭部はバルカン砲をオミットし冷却ユニットを搭載した為、ベース機と比較して大型化している。

    接近戦においてグフドム以上の強さを誇り、火力も強化された結果、標準以上にまとまった高性能機として完成している。だがその反面扱いづらく、乗り手を選ぶ機体でもある。高い性能を持ち、EXAMを起動するとその性能はさらに上昇、上級MS並みの戦闘力を発揮するが、同じくEXAMを搭載する地球連邦軍のブルーディスティニー系列機に比べ使用時間が短く、発動するとすぐオーバーヒートを起こしてしまう。また、ベース機であるイフリートの生産数の少なさもあって予備パーツの調達数も限られている。

    ベース機と比較しても高い性能を示したものの、開発者であるクルストにとって満足の行く性能を発揮したとは言えず、より高性能な機体を開発する為にクルストは連邦への亡命を決めたと言われている。

    登場作品と操縦者[編集]

    機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY
    初登場作品。2作目「蒼を受け継ぐ者」で登場した。ジオン軍のパイロット、ニムバス・シュターゼンがクルスト抹殺任務の為に使用。ミデア回収任務を受けたモルモット隊に襲い掛かり、死闘の末、撤退する。その後、キャリフォルニアベースでの戦闘でユウのブルーディスティニー1号機の前に敗れ、大破した。その際にニムバスは「機体性能の差か」と毒づいている。
    なお、一目見てその両手のヒート・サーベルから「格闘が強そう」という印象をプレイヤーに植え付けたが、実際に交戦してみると戦闘エリアぎりぎりの距離でミサイル&グレネードを撃ちまくるという戦闘スタイルを見せる。そのため遠くから撃ち合ってもダメージ負けする、回避に専念するとタイムオーバー、回避しつつ近づこうとすればエリア外に出てしまいミッション失敗になるという、とても「ジオンの騎士」という通り名がふさわしいとは思えない戦闘スタイルだった。
    機動戦士ガンダム サイドストーリーズ
    立ち回りは概ね原作ゲームと同じ。しかし、ブルー1号機の頭部を破壊する役割がセルジュ・ラウドムへと変更された。
    機動戦士ガンダム外伝 ザ・ブルー・ディスティニー

    装備・機能[編集]

    特殊機能[編集]

    EXAMシステム
    クルストの開発した対ニュータイプ用特殊OS。頭部に冷却システムと共に内蔵されているが、それに伴い、頭部が大型化している。

    武装・必殺攻撃[編集]

    腕部グレネード・ランチャー
    両腕部に装備されたグレネードランチャー。ヒート・サーベルで両手の塞がるイフリートにとって、自由度の高いこの火器は重要な装備といえる。主に威嚇や牽制に用いられ、その威力も部位破壊や携行兵器の無力化等に効果を発揮する程度。
    脚部六連装ミサイルポッド
    両脚に装備されたミサイルポッド。高い威力を誇るが装備箇所から射界が限定される。ミサイルを使い切った後はユニットごとパージされる。
    ヒート・サーベル
    腰部サイドアーマー、もしくはバックパックに二本装備している[1]、この機体の象徴ともいえる装備。搭乗者であるニムバスは主に二刀流で戦闘を行い、この機体の格闘能力の高さを示した。刀身を赤熱化する事でMSの装甲を容易く切断出来るが、鉈のように切削にも使用出来る。

    対決・名場面[編集]

    ブルーディスティニー1号機
    激しい戦闘を繰り広げるが、機体性能差から追いつめられ敗北。しかし逃走間際にグレネードランチャーを放ち、EXAMを搭載した1号機の頭部を破壊した。その直後に、機体も爆散している。
    サイドストーリーズ』では、度重なる戦闘とEXAMシステムの負荷で機体が限界に達し、行動不能に陥った。身を呈したセルジュの行動でニムバスは脱出し、機体は彼のドムが放った散り際のジャイアントバズで頭部を破壊された。

    関連機体[編集]

    イフリート
    原型機。
    イフリート改 (空間戦仕様)
    『ザ・ブルー』で登場。宇宙空間での試験用に換装した形態。EXAM開発テストの初期段階で運用された。
    ブルーディスティニー1号機2号機3号機
    連邦軍側のEXAMシステム搭載機。

    商品情報[編集]

    ガンプラ[編集]

    リンク[編集]

    脚注[編集]

    1. 『ザ・ブルー』版ではギャロップに艦載する関係から前後幅を抑える為に装備箇所がバックパックに変更された。