ニムバス・シュターゼン

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ニムバス・シュターゼン
外国語表記 Nimbus Schterzen
登場作品
声優 速水奨
テンプレートを表示
プロフィール
異名 ジオンの騎士 (自称)
種族 人間 (スペースノイド)
性別
職業 MSパイロット
所属 ジオン公国軍
階級 大尉
少佐(ザ・ブルー)
主な搭乗機 イフリート改ブルーディスティニー2号機
テンプレートを表示

概要[編集]

ジオン公国軍に所属するエースパイロット。階級は大尉で、怜悧な風貌を持つ男性。ジオンにおいてクルスト・モーゼス博士が主導して行っていた『EXAMシステム』の研究に携わっており、連邦に亡命したクルストの追撃を行うために地球に降下する。

好戦的で冷酷、プライドが高く他人を見下す事が多く、連邦の兵士を雑兵と称する。欠点の目立つ剣呑な人物ではあるが、反面その卓越した技量や、苛烈なまでに潔い性格から彼を崇拝する部下や兵士も少なくない(ただ、目的の為なら友軍を躊躇なく殲滅するなど危険な要素も少なくない)。

劇中ではブルーディスティニー1号機のパイロットであるユウ・カジマの宿敵として、地上・宇宙で幾度となく戦う事になる。

登場作品と役柄[編集]

機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY
初登場作品。原作ゲームの『蒼を受け継ぐ者』ステージ1で初登場し、プレイヤーと対決する事になる。かつては撤退しようとした上官を殺害した事で、クルストのもとへ左遷されたことを契機にEXAMと関わる事になる。クルストが連邦に亡命した後は、追撃を行うために愛機であるイフリート改と共に地上に降下。後にブルーディスティニー2号機を奪取して同時にクルストを殺害し、再び宇宙に上がった。
最後はサイド5宙域においてユウのブルーディスティニー3号機と交戦するも敗れ、3号機を道連れに命を落とした。
機動戦士ガンダム サイドストーリーズ
傲慢な人物として描かれていた従来の作品と異なり、人間性を持ち合わせた人物となっている(ただ、EXAMへの固執や友軍機撃墜などの冷徹な部分は従来と変わりない)。
機動戦士ガンダム外伝 ザ・ブルー・ディスティニー
サイドストーリーズを踏襲した設定で描かれており、原作通りにクルストの抹殺を目的に地球へ降り立つ。上記のサイドストーリーズと同様に友軍殲滅に躊躇わない冷徹さも有するが、作中では殲滅に至る前に撤退信号や警告を放って他の友軍を引き離そうとしていた(こうした警告を無視した友軍が、悉くニムバスに殲滅される描写となっている)。
また、上官殺しの経緯も『部下達を見捨てて敵前逃亡を図った上官を粛清した』という経緯が明かされており、この件によってクルストのもとに左遷されたとされている。
クルストに対しては「裏切り者」以上に「マリオンへの扱いに対する憤り」の感情が大きく、ブルーディスティニー2号機を奪取する直前に再会した時は、彼女を罵った挙句に命乞いをしてきたクルストを容赦なく惨殺した。

人間関係[編集]

ジオン公国軍[編集]

マリオン・ウェルチ
自身と同じくEXAMに携わっていた、ニュータイプ要素を持つ少女。
トリスタン・トレーダーセルジュ・ラウ
部下。『サイドストーリーズ』及び『ザ・ブルー・ディスティニー』に登場。
ビットリオ・グラント
『ザ・ブルーディスティニー』に登場するイフリート改の専属整備士。

地球連邦軍[編集]

ユウ・カジマ
クルスト・モーゼス

名台詞[編集]

機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY[編集]

「友軍は全滅か……フッ、ありがたい。これで姿を隠す必要も無くなった。蒼き死神よ……このニムバス・シュターゼンが…EXAMの名の下に葬ってやる!」
ゲーム『蒼を受け継ぐ者』での初登場時の台詞。この直後、ブルー1号機を乗せたミデアを護衛するユウ達を強襲。この戦いがユウとの因縁の始まりとなった。
「キサマら敵前逃亡するのか?」
ジオン兵「は……?」
「この恥さらしがあ!!」
漫画版の上記シーンより。撤退しようと救援を求める友軍を容赦なく切り捨て、ユウ達に動揺を与えた。ニムバスの傲慢さが顕著に現れているシーン。

機動戦士ガンダム外伝 ザ・ブルー・ディスティニー[編集]

搭乗機体・関連機体[編集]

イフリート改
初期の搭乗機。
イフリート改 (空間戦仕様)
『ザ・ブルー・ディスティニー』で宇宙での試験時に搭乗している。
ブルーディスティニー2号機
イフリート改損失後に強奪。以降、彼の搭乗機となる。
高機動型ザクII
『ザ・ブルー・ディスティニー』におけるルウム戦役時の搭乗機。
ギャロップ
地上における座乗艦。

余談[編集]

  • SDガンダム GGENERATIONシリーズ』に参戦した際、立ち絵の顎が長く尖って描かれていた事から (『F』など)、プレイヤーから「アゴバス」の仇名で呼ばれる事もある。

リンク[編集]