ブルーディスティニー2号機

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ブルーディスティニー2号機
外国語表記 BLUE DESTINY UNIT2
登場作品
デザイン 大河原 邦男
テンプレートを表示
スペック
分類 EXAMシステム搭載機(モビルスーツ
型式番号 RX-79BD-2
全高 18.5m
本体重量 52.8t
全備重量 73.0t
主動力 熱核融合炉
装甲材質 ルナ・チタニウム合金
原型機 陸戦型ガンダム
開発組織 地球連邦軍
開発拠点 EXAM研究所
所属 EXAM研究所 ⇒ ジオン公国軍
主なパイロット
テンプレートを表示

概要[編集 | ソースを編集]

陸戦型ガンダムをベースに、EXAMシステムを搭載した試作実験機。1号機の運用データを元に改修され、同時にバックパックや脚部バーニアも換装したため、宇宙空間でも運用可能な汎用機となっている。

1号機と同様、蒼い塗装が施されているが、ニムバスに奪取された後は彼のパーソナルマーキングとして両肩が赤く塗られている。

登場作品と操縦者[編集 | ソースを編集]

機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY
初出作品。2作目「蒼を受け継ぐ者」のエピローグでニムバスの部隊にEXAM研究所共々発見され、3作目にて強奪。以後、ニムバスの新たな搭乗機となり、最終ステージにおいてラストボスとして立ちはだかる。
機動戦士ガンダム外伝 ザ・ブルー・ディスティニー
NAOKI氏による新規デザイン版が登場。設定も大幅に変更されている。一方で従来の大河原版デザインは連邦軍への宣伝映像用デザインとして登場。実機は3号機と共にRX-80をベースとした物になっている。この機体はクルストが慣れ親しんだジオン系の技術を多く取り入れたオールラウンダーとして製作されており、同時にサイコミュの受信機構を縮小した『EXAMの内なる力を引き出す機体』となっている。

装備・機能[編集 | ソースを編集]

特殊機能[編集 | ソースを編集]

EXAMシステム
1号機、3号機と違いアルフ・カムラによるリミッターがかけられていない為、EXAMマシン同士の戦いでは優位に立つ事が出来る。

武装・必殺攻撃[編集 | ソースを編集]

頭部バルカン砲
頭部に2門内蔵している。
胸部バルカン砲
胸部に2門内蔵している。
腹部有線式ミサイルランチャー
腹部2箇所から射出される、有線式のミサイル。
ビーム・ライフル
本機の主兵装。陸戦型ガンダムの物をブルーディスティニー用に改良したタイプ。
100mmマシンガン
一部媒体ではこちらを携行している。
ビーム・サーベル
陸戦型ガンダムと同様、脚部に2本装備している。ニムバスがイフリート改に乗っていた際、二刀流で戦っていた事から、媒体によっては本機も二刀流で使用する。
シールド
媒体によってジム・コマンドが装備している曲面のシールドまたはジム寒冷地仕様のシールドに似た六角形タイプの物を装備している。

対決・名場面[編集 | ソースを編集]

機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY[編集 | ソースを編集]

VSブルーディスティニー3号機
EXAM研究所のあるコロニーの外で、ユウの乗る3号機を待ち構えていた。
かつての戦いと違い、機体の性能は互角、かつリミッターによるEXAMシステムの時間制限が無いことによる優位すら得ていたニムバスだったが、力及ばず敗北。爆発寸前の機体で3号機に組み付き、相打ちとなった。

関連機体[編集 | ソースを編集]

別デザイン・改修機 [編集 | ソースを編集]

ブルーディスティニー2号機 (ザ・ブルー版)
『ザ・ブルー』における本機。こちらはRX-80をベースとしており[1]、よりディテールの多いデザインとなっている。
ブルーディスティニー2号機Ω
デラーズ紛争後、シン・フェデラルが独自開発した機体。外見は酷似しているが、EXAMを参考にした新たなシステム「NEO EXAMシステム」を搭載する。

系列機・派生機 [編集 | ソースを編集]

ブルーディスティニー0号機 / 1号機 / 3号機
兄弟機。
陸戦型ガンダム
原型機。
イフリート改
最初のEXAM搭載機であり、本機以前のニムバスの搭乗機。強奪後の本機も同様に両肩が赤く塗装された。

商品情報[編集 | ソースを編集]

ガンプラ[編集 | ソースを編集]

※旧HGUC

※新HGUC

リンク[編集 | ソースを編集]

脚注[編集 | ソースを編集]

  1. 同じくRX-80シリーズに属する機体としてペイルライダーなどが挙げられるが、シナリオ担当の千葉智宏氏によると、ペイルライダー側のRX-80はジム・スナイパーIIベース、本機側のRX-80はガンダム・タイプであるとの事。千葉智宏氏のツイート