マグネットコーティング

提供: ガンダムWiki
Jump to navigation Jump to search

マグネットコーティング(Magnet Coating)[編集]

モスク・ハン博士が開発した、ミノフスキー物理学の応用によりモノポール(磁気単極子)を安定固着させる磁気塗膜。フィールド・モーターの反応速度や駆動性を向上させる技術で、理論上は摩擦を軽減させ無限の加速を可能とすると言われている。

一年戦争末期にガンダムに使用され、その有用性を実証した。戦後は可変モビルアーマー可変モビルスーツの変形時間短縮に用いられており、技術の普及に伴って相対的に優位性は失われていったと思われる。

関連作品と使われ方[編集]

機動戦士ガンダム
ソロモン会戦後、パイロットであるアムロ・レイの反応速度に追従出来なくなったガンダムの性能向上の為に施された。
機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争
ガンダムNT-1に採用されており、本機の反応速度の向上に一役買っている。
機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY
ブルーディスティニー系列機に採用されている。
MSV
マグネットコーティングを採用した機体としてG-3ガンダムが登場。
MS-X
ジオン系唯一のマグネットコーティング採用機としてアクト・ザクが登場している。
機動戦士Ζガンダム
アッシマーなどの可変機に使用されている。機体の変形時間の短縮が主な採用目的。
機動戦士ガンダムUC
ユニコーンガンダムの変形機構にフィールド・モーターと共に採用されている。

マグネットコーティングを採用している機体[編集]

関連用語[編集]

可変モビルスーツ
フィールド・モーター

リンク[編集]