ガンダム4号機

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ガンダム4号機
外国語表記 GUNDAM G04
登場作品
デザイナー
  • 大河原邦男(M-MSV版)
  • カトキハジメ(リファイン版)
  • テンプレートを表示
    スペック
    コードネーム G04(ジー・ゼロフォー)
    分類 宇宙戦用試作モビルスーツ
    型式番号 RX-78-4
    頭頂高 18.0m
    本体重量 42.6t
    全備重量
    • 80.2t
    • 86.5t(メガ・ビーム・ランチャー装着時)
    主動力 熱核融合炉
    ジェネレーター出力 1,550kW
    スラスター総推力 70,500kg
    装甲材質 ルナ・チタニウム合金
    センサー有効半径 6,190m
    開発組織 地球連邦軍
    開発拠点
    所属組織 地球連邦軍
    所属部隊 第16独立戦隊
    母艦 サラブレッド
    主なパイロット ルース・カッセル
    テンプレートを表示

    概要[編集]

    セカンドロッド系に属する4番目に開発されたガンダム。

    元々はジムの母体として使用されていた機体で、その後にガンダム5号機と共に改修されている。さらに本機はメガ・ビーム・ランチャーを装備するためにジェネレーターが換装されているため、開発順が5号機と逆になっている。宇宙戦に特化された改修が成されており、コア・ブロック・システムや地上用装備が省かれ、空いたスペースに高性能冷却システムが搭載され、さらにマグネットコーティングとサブスラスターが追加されている。機体カラーは白と金黒色を基調としており、胸部のフィンや手足の先が青色に塗られている。オプション装備としてショルダーユニットが用意されていたが、本機は大破してしまったため装備していない。

    登場作品と操縦者[編集]

    ガンダムセンチュリー
    ガンダム(RX-78プロトタイプ)が8号機まで存在するという設定の初出。
    MSV
    機体設定の初出。プロトタイプガンダムの旧キットのインスト等に1~8号機の記述が見られ、「4、5号機は星一号作戦においてホワイトベース級2番艦サラブレッドに搭載された」と以降の登場作品の雛形となる設定ができた。ただ、この段階では「正式に確認できる資料が現存していない」という設定になっている。
    M-MSV
    大河原邦男氏による機体デザインが設定された。SDクラブ誌のM-MSV連動小説『ア・バオア・クー攻防戦』においては、ガンダム5号機と共にア・バオア・クー戦に参戦。ビグロ改と交戦し、5号機を撃墜されながらも無事生還した。
    機動戦士ガンダム外伝 宇宙、閃光の果てに…
    カトキハジメ氏によりデザインがリファインされた。ガンダム5号機と共に第16独立戦隊に配備され活躍。その後、グラナダを発った敵艦隊に対しメガ・ビーム・ランチャーを使用し、これを殲滅するも、外部ジェネレーターの爆発により本機は失われている。同作のIF展開では爆発寸前のジェネレーターを直前に切り離したため、損傷しつつも健在。その後、ブースター装備に換装され、ア・バオア・クー戦に参戦している。
    ちなみに、同作を収録しているPS2用ソフト「機動戦士ガンダム めぐりあい宇宙」の内、限定版にはBst装備の本機のフィギュア「MS IN ACTION!!」が付属している。

    装備・機能[編集]

    特殊機能[編集]

    マグネットコーティング
    3号機と同様の技術が本機と5号機に導入されている。
    ランチャー用エネルギーパック
    メガ・ビーム・ランチャーの補助ジェネレーター。腰部サイドアーマーに装着する。

    武装・必殺攻撃[編集]

    60mmバルカン砲
    頭部に2門内蔵されている。
    ハンド・ビーム・ガン
    両腕に1門ずつ内蔵されている。
    ハイパー・ビーム・ライフル
    4号機、5号機共通の装備。従来のガンダムタイプの物から長銃身化しており、命中率の他、威力が40%向上している。
    ハイパー・バズーカ
    肩掛け式の無反動砲。ガンダムが使用する物と同一。
    ビーム・サーベル
    バックパックに2基装備している。
    シールド
    伸縮機能付きのシールド。格闘武器としても使用可能。
    メガ・ビーム・ランチャー
    本機専用の対艦用ビーム兵装。本体のジェネレーターのみでは稼働できないため補助ジェネレーターを追加装備する。リミッターを解除することで威力を上げられるが、制御が不安定になる。4号機本体ほどもある長砲身であるため、精度の高い射撃を行うべく、照準用センサーが3基取り付けられている。

    対決・名場面[編集]

    関連機体[編集]

    ガンダム4号機[Bst]
    正史では実現しなかったショルダーユニットを装備した状態。
    ガンダム5号機
    同一の仕様に改修された機体。
    プロトタイプガンダムガンダムG-3ガンダム
    ファーストロットに属するガンダム。
    ガンダム6号機ガンダム7号機、ガンダム8号機
    本機とは別の仕様に改修されたセカンドロット機。

    商品情報[編集]

    ガンプラ[編集]

    フィギュア [編集]

    ※組み換えによりガンダムNT-1へ変更可能。

    書籍 [編集]

    リンク[編集]