イフリート

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
イフリート
外国語表記 EFREET
登場作品
デザイナー 大河原邦男
テンプレートを表示
スペック
分類 試作型モビルスーツ
型式番号 MS-08TX
頭頂高 17.2m
全高 18.1m
本体重量
  • 50.4t
  • 59.4t (シュナイド機)
主動力 熱核融合炉
ジェネレーター出力 1,072kW
スラスター総推力
  • 67,000㎏
  • 62,000kg (シュナイド機)
装甲材質 超硬スチール合金
開発組織 ジオン公国軍
所属組織 ジオン公国軍
所属部隊
主なパイロット
  • ヘンリー・ブーン
  • ダグ・シュナイド
  • テンプレートを表示

    概要[編集 | ソースを編集]

    ジオン軍の地球方面軍が独自開発した試作型モビルスーツ。機体設計的にはグフドムの中間に位置する[1]。ジオン系の機体で同じく08ナンバーを持つ機体に高機動型試作機が存在するが、機体の系譜は独立している。

    グフと同じく格闘戦重視の機体として開発されたが、テクニカルファイター的な性格を持つグフと異なり、イフリートは大推力と高出力を前面に押し出したパワーファイター的な機体となっている。武装も固定武装を重視したグフと異なり、専用に開発された手持ち武器を使用する。

    ジオンの陸戦MSとしては最高クラスの近接格闘能力を有しており、その推力はゲルググも凌駕していたが、宇宙至上主義者であるジオン軍上層部が宇宙用MSの開発を重視していた事、生産性や操縦性に難点を残していた事などから、8機が完成した段階で生産は打ち切られた。生産数こそ少ないものの、設計上の余裕も大きく複数のバリエーションが存在する。

    登場作品と操縦者[編集 | ソースを編集]

    機動戦士ガンダム CROSS DIMENSION 0079
    ウルフ・ガー隊隊長ヘンリー・ブーン大尉の乗機として登場。試作機を改造した004号機である。ゴビ砂漠の中心でボルク・クライ大尉の駆るピクシーと壮絶な一騎討ちを繰り広げる。なお、ゲームでは設定画だと白い部分が赤く描写されている。8機製造されたという設定はゲーム発売後に追加された設定となる。
    機動戦士ガンダム外伝 ミッシングリンク
    マルコシアス隊総隊長ダグ・シュナイド大尉の乗機。パーソナルカラーである紫色に染め上げられたイフリートは、彼の戦闘スタイルにあわせてカスタマイズされている。後にこの機体は度重なる改修を受け、フレッド・リーバーによってイフリート・シュナイドと名付けられる。

    装備・機能[編集 | ソースを編集]

    武装・必殺攻撃[編集 | ソースを編集]

    ※生産の特性と、ジオン軍の慣例から、エースパイロットには階級に応じた任意のカスタマイズが許されていたため、基本となる装備が定かでないが、おそらくヘンリー・ブーン機のものが基本武装と思われる。

    本体搭載装備 [編集 | ソースを編集]

    スモーク・デスチャージャー
    機体に4基搭載。設定のみであり、搭載位置等は不明。
    バルカン砲
    頭部に2門内蔵されている小口径機関砲。スペック表には表記が行われていない。

    ヘンリー・ブーン機[編集 | ソースを編集]

    専用ヒート・サーベル
    片刃・直刀タイプの格闘武装。非使用時には腰のホルダーに装着される。
    原作ゲームでは必殺技として、3回斬りつける「ウルフ1」、5回斬りつける「ウルフ2」を使用してくる。また、同ゲームでは単刀で戦うが、媒体によっては二刀流で戦う場合がある。
    専用ショットガン
    本機専用のショットガン。ダブルオーバックシェル42mm散弾を発射する。一部資料ではケンプファーの物を使用していたとする記述も存在する。

    ダグ・シュナイド機[編集 | ソースを編集]

    ヒート・ランス
    長斧状の格闘武装。非使用時は折りたたんで腰部にマウントされる。
    ショットガン
    ケンプファーと同型の多目的自動ショットガン。
    ジャイアント・バズ
    主にドム系列機が使用している大口径バズーカ。
    3連装35mmガトリング砲
    グフカスタムと同型の前腕装備型のガトリング砲。主に近距離での迎撃、牽制に用いられる。

    対決・名場面[編集 | ソースを編集]

    機動戦士ガンダム CROSS DIMENSION 0079[編集 | ソースを編集]

    ピクシー
    ゴビ砂漠の地球連邦軍の基地から現れたピクシーと、幾度と交戦。最後は一騎討ちとなる。その後の二機の結末は不明。未製作の続編では宇宙での決着が予定されていた。

    機動戦士ガンダム外伝 ミッシングリンク[編集 | ソースを編集]

    陸戦型ジム
    ピクシー(フレッド機)

    関連機体[編集 | ソースを編集]

    イフリート改
    EXAMシステムを搭載、それに合わせて改造された機体。
    イフリート・ナハト
    特殊なジャミング機能を搭載した機体。
    イフリート・シュナイド
    シュナイド機を長年にわたり強化・改修していった機体。
    高機動型試作機
    形式番号に共通点が見られるが、関連性は無いとされる。
    キャノン・イルフート
    ∀ガンダム』に登場するジム・キャノン似のモビルスーツ。イフリートの登場予定が没になったため、名前だけがこの機体に引き継がれた。

    余談[編集 | ソースを編集]

    • 多くの媒体で陸戦用の機体として扱われている本機だが、少なくとも原型機は宇宙・地上両方で運用が可能な機体であるとの事[1]。実際に『CROSS DIMENSION 0079』の説明書や当時の攻略本にも「陸戦用」との記載はない。後に独自解釈で付けられた設定の可能性がある(グフ・ドムの中間機、運用されたのが地上のみ、といった事柄が影響していると思われる)。
    • 『CROSS DIMENSION 0079』の企画当初は、戦争映画『戦争の犬たち』に登場する架空のグレネードランチャー「XM18E1R」が装備候補だったとの事[2]。ただ、ウルフ・ガー隊の隊員マーチン・ハガーが火炎放射器使いで、絵柄的に重複するため没になったとされる[3]
    • 機動戦士ガンダム 第08MS小隊』では当初、ノリス・パッカードの搭乗機として登場予定だったものの、監督が本機の存在を知らず「ノリスの乗るグフの愛称」と勘違いしたため、結果的にグフカスタムが登場することとなった[2]。また、第10話でノリスが出撃する際、グフカスタムに向けて整備員エニーバの名を叫んでいるシーンがあるが、絵コンテには台詞の欄に「イフリート(仮)」と記載されており(絵はグフカスタム)、当初の設定の名残が見られる[3]

    商品情報[編集 | ソースを編集]

    リンク[編集 | ソースを編集]

    脚注[編集 | ソースを編集]

    1. グフとドムはそれぞれジオニック社とツィマッド社によって開発が行われており、双方の特徴を持った機体の開発については諸説ある。
    2. 『電撃ホビーマガジン』1999年6月号の飯田馬之介監督のインタビューより
    3. 漫画『機動戦士ガンダム 第08MS小隊 U.C.0079+α』はこの絵コンテを参考にしたためか、同シーンでグフカスタムに向けてイフリートと叫んでいる。