2020年2月5日(水)および2月19日(水)10:00~13:00に、上位プロバイダによるメンテナンスのため、wikiサービスの停止が発生します。ご利用のみなさまには大変ご不便をおかけしますが、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

陸戦強襲型ガンタンク

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
陸戦強襲型ガンタンク
外国語表記 Assault Guntank
登場作品 機動戦士ガンダム MS IGLOO2 重力戦線
デザイナー 山根公利
テンプレートを表示
スペック
分類 強襲用試作型戦車
型式番号 RTX-440
全長 25.6m(通常形態)
32.9m(突撃砲形態)
全高 13.7m(通常形態)
9.2m(突撃砲形態)
全幅 10.9m
装甲材質 チタン系合金
原型機 RTX-44
開発組織 地球連邦軍
所属組織 地球連邦軍
所属部隊 独立混成第44旅団
主なパイロット アリーヌ・ネイズン(1号車)
ミロス・カルッピ(2号車)
ドロバ・クズワヨ(3号車)
テンプレートを表示

概要[編集]

モビルスーツに対抗するために次期主力戦車であるRTX-44を改良し、対モビルスーツ用の装備を施した機体。

ベースとなったRTX-44は機密漏洩というアクシデントに見舞われ、開発計画が凍結されていたものの、一年戦争の開戦に伴い、モビルスーツへの対抗手段として、連邦軍が同機の開発計画を復活。改良によりRTX-440として戦力化された。

間に合わせの機体であるため明確なコンセプトが存在しておらず、MSともAFV(装甲戦闘車両)ともつかない存在だった。簡易的に変形が可能で状況に応じて使い分ける。機動力ではモビルスーツを凌駕しており、防御力も高かった。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダム MS IGLOO2 重力戦線
第3話で登場。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

変形
突撃砲形態に変形する。使用兵装に制限が出るが、車高が低くなるため前後の被弾面積を減らす事ができる。その機動力はドリフトを軽々とこなせる程。
スモークディスチャージャー
煙幕弾を発射する。機体上部のセンサーユニット側面に6基装備。
自爆装置
機密保持用の自爆装置。自爆・特攻の際に使用された。「EMERGENCY DESTRUCTION SYSTEM is now activity. 440-○(型式番号-機体番号) will detonate in ○○(残り秒数) seconds.(自爆装置が作動しました 本機はまもなく消滅します)」のアナウンスと共にカウントダウンを開始した後、自爆する。

武装・必殺攻撃[編集]

220mmキャノン砲
本機の主砲。威力は高く、劇中ではザクIIの胴体を粉砕している。
ボップガン
両腕部に装備されている。右腕のものは4連装、左腕のものは2連装となっている。
30mm機関砲
機体上部に装備されている。
車載用大型火炎放射器
左腕上部に内蔵されている。
燃料爆雷
機体上部に2個装備されている。走行中、後方の敵機に対して使用する。

オプション装備[編集]

56連装ロケットランチャー
機体側面に装備される。命中精度は高くないものの、複数のロケット砲の連射は対モビルスーツ戦で有効な攻撃となる。使用後は機体から切り離される。
重地雷
機体側面に装備される大型の地雷。走行中に落下させ、後方の敵機に対し攻撃する。劇中では特攻の威力を高める炸薬として、本体に接続された状態での使用もされている。
MLRS
機体側面に装備されるマルチプル・ランチ・ロケット・システム。陸戦型ジムなどが用いているミサイルランチャーを転用した物。使用後は機体から切り離される。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

RTX-44
原型機。文字設定のみ。
ガンタンク
RTX-44を基にモビルスーツとして開発された機体。

商品情報[編集]

DVD[編集]

書籍 [編集]

資料リンク [編集]

リンク[編集]