ザクIIJ型

提供: ガンダムWiki
Jump to navigation Jump to search

MS-06J ザクIIJ型(Zaku II Ground Type)[編集]

ザクIIF型を改修し、地上環境に適応させた機体。F型でも地上で活動することができたが十分な対応はできていなかったため開発された。冷却機構の空冷化、防塵対策などをされ稼働時間や機動性が改善され、軽量化もされている。気密性は維持されており、水中や宇宙空間でも活動は可能だが、まともな戦闘は出来ていない。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダム
量産機として多数の機体が登場する。この頃はF型やJ型の設定がなく、後から資料やプラモデルで設定が加えられていった。
機動戦士ガンダム MS IGLOO 一年戦争秘録
第2話に連邦軍のセモベンテ隊が運用する鹵獲機が登場。第603技術試験隊ヒルドルブと交戦している。第3話では宇宙空間でボールに翻弄される機体が登場している。宇宙に上がった機体の武器はその後、オッゴに転用されている。
機動戦士ガンダム MS IGLOO2 重力戦線
全話で登場。特に第1話は歩兵視点から描かれているため、対峙するザクが驚異的な存在となっている。第3話では既に連邦軍にモビルスーツが配備されているため、他の作品の様にやられ役として扱われている。

装備・機能[編集]

武装・必殺攻撃[編集]

ザク・マシンガン
ドラムマガジン式の口径120mmマシンガン。
ザク・バズーカ
対艦用の口径280mmバズーカ。
ヒート・ホーク
高熱の刃で溶断する格闘武装。
クラッカー
対モビルスーツ用の投擲兵器。直撃でなければ威力が低いので牽制用として用いられる。
3連装ミサイル・ポッド
両脚部に装着される武装。
マゼラ・トップ砲
マゼラ・アタックの175mm砲を手持ち武器に改修したもの。初出の『機動戦士ガンダム』ではラル隊による現地改修の武器とされていたが、後に『第08MS小隊』でJ型の標準装備として設定し直された。
シュツルム・ファウスト
モビルスーツ用の使い捨てロケットランチャー。セモベンテ隊の機体の1つが装備している。
Sマイン
対人近接防御兵装。機体各部の発射口から小型鉄球入りの弾頭を発射、敵の頭上で炸裂し小型鉄球の雨を降らせる。『MS IGLOO2』に登場する機体が装備している。

対決・名場面[編集]

機動戦士ガンダム[編集]

「アコース、クラッカーだ!」
第12話より、クラッカーの初使用シーン。ランバ・ラルの命令を受けたアコースがガンダムに向けてクラッカーを投擲。ガンダムを後方へ吹き飛ばした。グフの初登場に加え、ザクの新武器が披露されるなど、視聴者に新たな強敵の出現を印象付けた。

機動戦士ガンダム MS IGLOO[編集]

ヒルドルブ
"溺れる"ザク
『一年戦争秘録』第3話より。オデッサから脱出したHLVを軌道上で待ち伏せていた連邦軍が攻撃。接近してくるボールに対し、HLVからザクが次々と飛び出し迎撃しようとするも、姿勢制御がままならず、その場で空転。ろくに抵抗ができないままボールに撃墜されてしまう。ボール相手に一方的に撃墜されるザクに苛立ちを隠せないモニクに対し、オリヴァーは「あのザクIIは地上仕様のJ型なんです!溺れているんです!」と説明する。地上用にバーニアを調整・オミットしたザクでは、彼の言うように宇宙空間で"溺れて"しまうのだ。

関連機体[編集]

ザクIIF型
ベース機。
ザクII(エルマー・スネル大尉専用機)
「ホワイトオーガー」の異名で恐れられるエルマー・スネルの専用機。白い機体にパーソナルマークのトカゲが描かれている。
ザクIIJC型
マイナーチェンジ機。
ザクII寒冷地仕様
防寒処理が施されたJ型。
陸戦高機動型ザク
性能向上版。
ザク・デザートタイプ
砂漠仕様。
ザク・ハーフキャノン(MSV-R版)
ザクキャノンの武装をオプション化したバックパックを装備(オリジン版ではC型が装備)。
ザクキャノンプロトタイプグフ
本機をベースとしている。

商品情報[編集]

リンク[編集]