ザクIIJC型

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ザクIIJC型
外国語表記 Zaku II Type JC
登場作品 機動戦士ガンダム 第08MS小隊
テンプレートを表示
スペック
分類 陸戦用量産型モビルスーツ
型式番号 MS-06JC
頭頂高 17.5m
本体重量 56.2t
全備重量 74.5t
主動力 熱核融合炉
ジェネレーター出力 976kW
スラスター総推力 48,500kg
装甲材質 超硬スチール合金
センサー有効半径 3,200m
開発組織 ジオン公国軍
所属 ジオン公国軍
主なパイロット ノリス・パッカード
ジオン公国軍一般兵
テンプレートを表示

概要[編集]

ザクIIJ型を局地戦仕様に改修した機体。

高温多湿の湿地帯における陸戦を主眼に置いた改修が施されており、防水処理や軟弱な地形に対する走破性を高めるための脚部形状の変更が成されている。機体の各部形状も異なっており、特に本仕様に見られる特徴として右肩のシールドにはスパイクが3本付いている。また、一部の機体ではMS-09 ドムに搭載されていたホバーシステムも採用されていたとされるが、未確認であるため詳細は不明となっている。

形式番号から「この機体がC型の改修機である」「脚部の構造から宇宙用に改修可能な機体」など様々な説がある。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダム 第08MS小隊
初登場作品。基本的にやられ役だが、場面によってはシロー達を苦戦させる程の動きを見せる。第3話では一度ノリスが搭乗しており、シローの陸戦型ガンダムに水中戦を挑み苦戦させた。
作品展開当時はあくまで「J型」としての扱いだったものの、後に「JC型」として正式に設定されている。
ガンダムEXA VS
エピソード6にジオン残党軍の機体の1機として登場している。

装備・機能[編集]

武装・必殺攻撃[編集]

ザク・マシンガン (ZMP-50D)
ドラムマガジン式の120mmマシンガン。一般的なザク・マシンガンと比べて、サブグリップが円柱状、マガジンが銃身の右側に寄っているといった違いがある。
ザク・バズーカ
対艦用の280mmバズーカ。砲身後部にマガジンが追加されているモデル。
ヒート・ホーク
加熱式の実体斧。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ザクIIJ型
原型機。
ザクIIF型
『ミラーズリポート』のパンフレット解説では「F型の改修機」という設定になっており、「空間戦闘に設定された06Fを改造した機体」との記述やF型からの変更点などが見られる。
ボルジャーノン
』に登場する、ザクIIに酷似した機体。コックピットシートの位置およびコックピットハッチの開閉機構が本機の物と同一になっている。

余談[編集]

  • 『第08MS小隊』ビデオ1巻のパッケージに「ザク・マシンガンで陸戦型ガンダムを撃墜したザクIIJC型」が描かれているが、胴体にマゼラトップ砲の直撃を受けても耐えるルナ・チタニウム合金製の機体を相手に有効打を与えられるかは疑問である。
    • このシーンを踏まえてか、PS3ソフト『機動戦士ガンダム Target in Sight』のパッケージには「ザクIIをビーム・ライフルで撃墜した陸戦型ガンダム」が同じ構図かつ真逆の立場で描かれている。

商品情報[編集]

ガンプラ[編集]

リンク[編集]