陸戦高機動型ザク

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
陸戦高機動型ザク
外国語表記 Zaku II High Mobility Ground Type
登場作品 MSV-R
デザイナー 大河原邦男
テンプレートを表示
スペック
分類 地上用量産型モビルスーツ
型式番号 MS-06G
頭頂高 17.5m
本体重量 58.1t
全備重量 75.3t
主動力 熱核融合炉
ジェネレーター出力 1,015kW
スラスター総推力 55,500kg
装甲材質 超硬スチール合金
開発組織 ジオニック社
所属 ジオン公国軍
主なパイロット
テンプレートを表示

概要[編集]

ジオン公国軍の量産型モビルスーツザクIIJ型の性能向上型である。

本機にはグフの技術が移入されており、腕部やスパイク・アーマーの形状がグフに酷似した物になっている。脚部の動力パイプは内蔵され、補助スラスターが追加された他、ランドセルが大型化している。右肩のシールドを初めとして装甲の形状が空気力学的に優れたものに変更されており、高い機動性を発揮した。ランドセルにはオプション装備として大型アンテナが装備されており、オプションのため装備しない機体もいたようである。

J型の後継機と言えるグフが生産されると本機の生産は終了している。そのため総生産数は50機前後と少ない。

登場作品と操縦者[編集]

MSV-R
出典元。
機動戦士ガンダム MSV-R ジョニー・ライデンの帰還
FSSが保有する機体が登場。レッド・ウェイラインがテストを行っていたが、盗賊の奇襲を受けたためそのまま本機で交戦する。
機動戦士ガンダム Twilight AXIS(漫画版)
過去にオーガスタ研究所が保有する機体が登場。ガンダムは敵と刷り込まれたヴァルターが搭乗し、クァンタンガンダムAN-01"トリスタン"と交戦するが無力化された。

装備・機能[編集]

武装・必殺攻撃[編集]

ザク・マシンガン
ドラムマガジン式の口径120mmマシンガン。本機のマシンガンはMMP-78の中期型であり、前期型のMMP-78を改良した武装である。銃身部にバレルジャケットと銃身ガードが追加されている。
ヒート・ホーク
手斧型の格闘戦闘用兵器。刃の部分を高熱化することで対象を溶断する。
ザク・バズーカ
対艦用の口径280mmバズーカ砲。
ジャイアント・バズ
大口径のバズーカ砲。主にドム系列機の代名詞と言える武装。
マゼラ・トップ砲
ウェイラインが盗賊の武装を拾って使用した。非正規品故か機体が認識せず、マニュアル操作で使用している。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ザクIIJ型
原型機。
ギュンター・バル専用陸戦高機動型ザク
ブラウンとダークグレーの迷彩塗装が施されたギュンター専用機。迷彩塗装は専用という訳ではない。
ディーン・ウェスト専用陸戦高機動型ザク
赤色とアイボリーで塗装されたディーン専用機。損傷するたびに別機体のパーツを換装している。
ヴィンセント・グライズナー専用陸戦高機動型ザク
パーソナルカラーである青色に塗装されたヴィンセント専用機。

商品情報[編集]

リンク[編集]