2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

ザク・マリナー

提供: ガンダムWiki
移動先: 案内検索

RMS-192M ザク・マリナー(Zaku-Mariner)[編集]

地球連邦軍一年戦争終結後に開発した量産型モビルスーツ
ジオン軍ザク・マリンタイプの後継機(厳密にはマリン・ハイザックの後継機と言った方が正確か)として新たに設計された水陸両用機で、運用目的を潜水に特化させるべく機体構造を簡略化している。フレームは耐圧加工が施され、内部にはコクピットを防護する耐圧殻やバラスト機構、浮体用の部材、冷却装置等を搭載。外装は回収したザクのそれを使いまわす事でコスト低減が図られた。
マリンタイプと比べて水中における機動性やスピード、耐圧深度等といった性能が高まっていて、特に耐圧深度については平均的な限界潜行深度が2,000mとマリンタイプの5倍にまで跳ね上がっている。
頭部は動力パイプを撤去して耐圧性能を高め、代わりに左側にシュノーケルに似た形状のアンテナを追加。その先端部は有線式カメラになっており、海中からの洋上偵察を可能とした他、隠密行動の際の通信にも使用できる。また、頭頂部に一般機はロッドアンテナ、指揮官機はブレードアンテナが取り付けられ、水中での通信性能を向上させている。
バックパックにはハイドロジェットを2基装備し、センサーも内蔵されている。なお、可変式推進器を装備したタイプも造られており、換装すれば水上航行も行えた。
脚部にもハイドロジェットが追加されていて、50kt以上で水中を航行可能。地上での運用も考慮して即座にパージ出来る構造となっている。

新規設計の水陸両用機でありながらザクの姿のままになっているのは、潜水用の装備を入手するにあたってこの形状を保った方がメリットが多かったからとされている。

なお、当時の水陸両用の新型機としてはアクシズ製のカプールが存在していたが、現場のパイロット達は「海を知らない連中が造った機体より実績のある旧式のザクの方が信用できる」として、本機に搭乗する事を望んだという。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダムΖΖ
地上に降りたアーガマを攻撃する為に5機が投入され、ネオ・ジオン兵以外にも彼らに雇われた地元の漁師達が乗っていた。ジュドー・アーシタΖΖガンダムと交戦し、数機が撃破されている。
機動戦士ガンダムUC
トリントン基地の襲撃時に海中から現れ、ジムIIを始めとする連邦軍MSを撃破している。その後、バイアラン・カスタム1号機が置かれていた格納庫の前で攻撃を受けて撃破された。
機動戦士ガンダムUC 星月の欠片
バイアラン・カスタム1号機が置かれていた格納庫内にあった解体中のバーザム改を破壊したが、直後にその後ろから現れたバイアラン・カスタム2号機の攻撃を受けて撃破されている。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

マグネット・ハーケン
左腕に1基内蔵されている長さ50mのワイヤー。主に艦艇や他の水陸両用機に曳航してもらう為に使用されるが、使い方次第では武器にもなる。
分離
脚部のハイドロ・ジェットを分離可能。
換装
バックパックを換装可能。

武装・必殺攻撃[編集]

サブロック・ランチャー
両肩に3発ずつ、バックパックに8発の計14発を装備。対艦用に開発された300mmロケット弾で水中での発射も可能だが、対MS戦闘でも威力を発揮する。
4連装スプレーミサイル・ガン
水中・陸上のどちらでも使用可能な本機専用の携行武装。金属反応センサーを弾頭に内蔵している。水中で発射された際は弾の爆発による衝撃波で敵機を撃破するべく、至近距離で炸裂するようになっている。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ザク・マリンタイプ
原型機。
マリン・ハイザック
ザク・ダイバー

商品情報[編集]

話題まとめ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]