マリン・ハイザック

提供: ガンダムWiki
Jump to navigation Jump to search
マリン・ハイザック
外国語表記 MARINE Hi-Zack
登場作品 A.O.Ζ Re-Boot ガンダム・インレ-くろうさぎのみた夢-
デザイン 藤岡建機
テンプレートを表示
スペック
分類 水陸両用試作型モビルスーツ
型式番号 RX-106M
主動力 熱核融合炉
開発組織 地球連邦軍
所属 地球連邦軍
テンプレートを表示

概要[編集]

地球連邦軍ジオン公国軍から接収したザク・マリンタイプを参考に、開発が進められていたハイザック試作型を用いて完成させた水陸両用の試作モビルスーツ。

装甲形状や武装、水中用装備はザク・マリンタイプを踏襲しているが、ベース機をザクIIからハイザック試作型に変えたことで性能を向上させることに成功した。しかし、連邦軍が水中用モビルスーツの配備に消極的だったことや、ティターンズアクア・ハンブラビIIを開発したことによって本機は量産されず、試作機が少数生産にとどまったが、後にザクIIベースの連邦製水陸両用モビルスーツの開発に生かされている。

量産中止にこそ至ったものの、名称登録済みだった「マリン・ハイザック」という機体名は上記のマリンタイプベースの機体に引き継がれている。

登場作品と搭乗者[編集]

A.O.Ζ Re-Boot ガンダム・インレ-くろうさぎのみた夢-

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

マグネット・ハーケン
両手に1基ずつ内蔵されているワイヤー。

武装・必殺攻撃[編集]

サブロックガン
ザク・マリンタイプのサブロックガンを改修したもの。センサーやストックが追加された。
ヒートナイフ
サブロックガン下部に取り付けられている近接用のヒート兵器。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ハイザック試作型
ベース機。
ザク・マリンタイプ
コンセプト元。連邦軍で運用されている機体は、本機からマリン・ハイザックの機体名を引き継いでいる。
マリン・ハイザック (レジオン仕様)
レジオンが改修し、配備した機体。
アクア・ハイザック
アクア・ハンブラビIIを装着した形態。
アクアジム
本機と同型のゴーグルセンサーを装着している。
ザク・マリナー
本機と同じくマグネット・ハーケンを装備している。
ザク・ダイバー
頭部ゴーグルの形状が本機のものと似ている。
ガンダムF90M
本機のバックパックの機構を引き継いでいる。


リンク[編集]