2020年2月5日(水)および2月19日(水)10:00~13:00に、上位プロバイダによるメンテナンスのため、wikiサービスの停止が発生します。ご利用のみなさまには大変ご不便をおかけしますが、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

バーザム改

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
バーザム改
外国語表記 BARZAM[REFINE TYPE]
Barzam Custom
登場作品
デザイナー カトキハジメ
テンプレートを表示
スペック
分類 汎用量産型モビルスーツ
型式番号 RMS-154
頭頂高 19.38m
全高 24.20m
本体重量 40.10t
全備重量 62.34t
主動力 熱核融合炉
ジェネレーター出力 1,670kW
スラスター総推力 81,200kg
姿勢制御バーニア数 8基
装甲材質 ガンダリウム合金
センサー有効半径 9,870m
開発組織 地球連邦軍
開発拠点 ニューギニア基地
所属 地球連邦軍
主なパイロット 連邦兵
テンプレートを表示

概要[編集]

地球連邦軍の量産型モビルスーツ。『ガンダム・センチネル』において設定とデザインが変更されたバーザムであり、バーザムの別機種と言うわけではなかったが、他作品や商品の展開により別機種として扱われるようになっていった。

設定に関して「ガンダムMk-IIの簡易量産機」と明確にMk-IIの量産機である事を明言されている事以外、バーザムと大きく異なる部分はないが、スペックはバーザムと異なっている。デザイン的にはMk-IIに近いデザインとなっており、Mk-IIのアビオニクスの流用により運動性が高く、また、武装もMk-IIだけでなく他の連邦軍MSの物がそのまま使用することが可能で、互換性の高い設計となっている。一方で後発作品である『ADVANCE OF Ζ ティターンズの旗のもとに』に登場するTR計画との関連性はなく、頭部モノアイ等の機体形状は、最終設計時に旧ジオン公国系の技術が使用されたためとされている。また、そちらでは本機はバーザムの高級化先祖返りとして扱われている。

登場作品と操縦者[編集]

ガンダム・センチネル
初登場作品。ペズン防衛隊として反乱部隊のゼク・アインと交戦するも全滅した。完全版小説「GUNDAM SENTINEL ALICEの懺悔」ではペズン制圧の件が省略されているため登場しない。
機動戦士ガンダムUC 星月の欠片
第3話で登場。トリントン基地においてパーツが不足した状態の本機が、囮として使用されザク・マリナーに撃破されている。
機動戦士ガンダム U.C.0094 アクロス・ザ・スカイ
バーザムと共にデビルズ・ネストの警備機として登場。フレスベルク隊と交戦した末に損傷し、ヌーベル・ジムIIIに搭乗するレックスによって戦いをやめるように促された。損傷部位を見るに『星月の欠片』に登場した機体と同一と推測される。

装備・機能[編集]

武装・必殺攻撃[編集]

バルカン・ポッド・システム
頭部にオプションとして装備される頭部バルカン砲。ガンダムMk-IIの物と同型。
ビーム・ライフル
Eパック方式のビーム・ライフル。ゼク・アインの物と同じ物。
グレネード・ランチャー
銃身下部に装着されているランチャー。形状はハイパー・バズーカに似る。
ビーム・サーベル
バックパックに2基装備されている近接武装。出力0.9MW。
ハイパー・バズーカ
カートリッジの弾倉型バズーカ。発射する弾体は通常弾体と近接信管式の散弾などを使い分けて使用する事が可能。非使用時は腰部リアスカートのマウントラッチにマウント可能。
シールド
スライド伸縮式のシールド。これもガンダムMk-IIの物と同型。
ザク・マシンガン改
『星月の欠片』で登場した際に右手に保持させられていた。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

バーザム
デザイン元のΖ版バーザム。近年では別機種として扱われている。
ガンダムMk-II
本機の設計ベース。よりこの機体に近いデザインとなった。

商品情報[編集]

ムック [編集]

リンク[編集]