2020年2月5日(水)および2月19日(水)10:00~13:00に、上位プロバイダによるメンテナンスのため、wikiサービスの停止が発生します。ご利用のみなさまには大変ご不便をおかけしますが、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

ゼク・アイン

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ゼク・アイン
外国語表記 Xeku-Eins
登場作品
デザイナー カトキハジメ
テンプレートを表示
スペック
分類 汎用量産型モビルスーツ
型式番号 RMS-141
頭頂高 19.2m
本体重量 37.6t
全備重量 72.55t(第一種兵装)
80.25t(第2種兵装)
87.28t(第三種兵装)
主動力 熱核融合炉
ジェネレーター出力 2,100kW
スラスター総推力 78,000kg
装甲材質 ガンダリウム合金
センサー有効半径 15,000m
開発組織 地球連邦軍
所属 ニューディサイズ
ティターンズ残党
主なパイロット
テンプレートを表示

概要[編集]

地球連邦軍が開発した量産型モビルスーツ。小惑星ペズンで開発が進められた「ゼクシリーズ」1番目の機体であり、機体名称の「アイン」もドイツ語で「1」を意味している。設計の原案は連邦がペズンを接収した時点で既にペズン計画に記載されていたとされ、その為にジオン系の技術色が強く、モノアイの採用や指揮官機用ブレード・アンテナ等にそれが反映されている。

グリプス戦役に投入された機体の多くは性能を突き詰めるあまり汎用性を犠牲にする傾向が強く、ゼク・アインはその潮流の中でザクの設計思想を継承し汎用性を重視した新世代の汎用量産機として開発された。特に拡張性を重視した設計が成されており、両肩のラッチに各種兵装を装備する事が可能[1]。装備換装を前提にペイロードにも余裕を持たされており、目的別のオプション交換によって幅広い運用が可能。

ムーバブルフレームもシンプルかつ堅牢な構造を採用し、コクピット周辺の装甲も搭乗者の保護を優先して重装甲化されている。

既存の完成された技術をまとめ上げている関係上、信頼性・完成度も高かったものの、その手堅い造りからペズン駐留の連邦軍教導隊による戦術データ蓄積用の機体として扱われながら細々と研究開発を進めるに留まっていた。しかし、教導隊がニューディサイズとして蜂起した際に全機材が持ち出され、ペズンも破壊されたため技術的系譜は途切れることになった。

第一種兵装 [編集]

通常ビーム兵装携帯仕様。月面降下に対応する為のランディング・デバイス・システム及びプロペラント・タンクの装着も想定されている。

第二種兵装 [編集]

長距離攻撃仕様。ビーム・スマートガンを携行し、左肩ラッチにディスク・レドームを装備する事で遠距離攻撃を行う。右肩のシールドはスマートガンの重量を緩和する目的で装備されない。

第三種兵装 [編集]

要塞戦仕様。マシンガンやバズーカなど実体弾中心の武装構成。両肩のラッチにマガジンドラムを装備し、専用マシンガンに給弾する。

登場作品と操縦者[編集]

ガンダム・センチネル
初登場作品。ペズンの反乱の際にニューディサイズの主力モビルスーツとして登場する。
機動戦士ムーンガンダム
第1話に登場。U.C.0091年にティターンズの残党によって運用されており、ロンド・ベルと交戦している。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

換装
両肩部ラッチを中心に各種兵装を換装可能。
換装形態は第一~第三種兵装に大別されるが、それ以外のオプション装備の装着も可能であり、豊富なオプションによって様々な任務に対応可能。

武装・必殺攻撃[編集]

ビーム・ライフル
主に第一種兵装で使用されるEパック方式のビーム・ライフル。若干改修されているがガンダムMk-IIのライフルとほぼ同型。
グレネード・ランチャー
銃身下部に装着可能なランチャー。
ビーム・スマートガン
第二種兵装で装備される長砲身の高出力ビーム・ライフル。左肩のディスクレドームと連動する事で、高い命中精度を誇る。
専用120mmマシンガン
第三種兵装で装備されるマシンガン。肩部に装備されたマガジンドラムから自動装填システムによって弾丸が供給される。マガジンドラムの装弾数は一つにつき6000発。
クレイ・バズーカ
第三種兵装で装備されるバズーカ砲。形状はリック・ディアス等が携行している物と若干異なる。
シールド
両肩部のラッチに装備可能なシールド。クレイ・バズーカの予備マガジンやプロペラント・タンクの装着が可能。
ビーム・サーベル
シールド裏に2基装備されているビーム・サーベル。出力は0.9MW。
6連装ミサイルランチャー
両肩のラッチに装備可能なミサイル。
クラブ
使い捨て式のロケット・ランチャー。ジオン軍のシュツルム・ファウストと同一の物だが、連邦軍内で同じ呼称での使用が嫌忌されたため「Club (棍棒)」の名称が用いられている。大型と小型の2種類がある。

対決・名場面[編集]

ガンダム・センチネル[編集]

ペズン制圧
物語冒頭のペズンを襲撃するシーンより。ペズンを防衛していたバーザム (センチネル版)の部隊を瞬く間に制圧し、教導隊の実力をこれでもかと見せ付けた。

関連機体[編集]

ゼク・ツヴァイ
本機を元に重モビルスーツとして開発されたゼクシリーズ2番目の機体。性能を追求した結果、ゼク・シリーズのコンセプトと矛盾する機体となってしまった。
ゼク・ドライ
再び汎用機として開発されたゼクシリーズ3番目の機体。設計段階の時点で開発が中断された。設定のみ。
ガンダムTR-6[ハイザックII]
TR-6の形態の内、ハイザックの腕部とマラサイの脚部を装着した形態。ホビージャパン2018年8月号に掲載されているイラストでは腕部に本機 (第三種兵装)の物を使用している。

商品情報[編集]

ガンプラ[編集]

フィギュア[編集]

リンク[編集]

脚注[編集]

  1. このコンセプト自体はペズンで行われていたMS-Xプロジェクトで既に確立した物であり、ザクIIIにも採用されている。