ヒルドルブ

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

YMT-05 ヒルドルブ(Hildolfr)[編集]

概要[編集]

戦車にモビルスーツの利点を組み合わせるという発想で開発された機体。そのためモビルタンクというカテゴリーに属する。当初は超弩級戦車として開発されていたが、ザクIがロールアウトされたことにより、汎用性の低い本機は存在価値が疑問視されてしまう。その疑念を払拭するために開発計画が見直され、本機が開発された。モビル形態時にはマニュピレーターが展開しモビルスーツ用の火器が使用可能になる他、車高を高くすることでより高い位置からの射撃が可能になり主砲も旋回できる。デメリットとしては車高が高くなるため被弾率が上昇することである。タンク形態時には被弾率が低下する他安定した射撃が可能になる。本機を含めたモビルタンク計画は不採用になったため、この機体が唯一のモビルタンクである。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダム MS IGLOO

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

変形
モビル形態に変形する。

武装・必殺攻撃[編集]

30cm砲
本機の主砲。メガ粒子砲導入以前の宇宙戦艦のものを転用したもので様々な弾種を発射することができる。最大射程距離は32~35km。劇中では「cm」をイギリス語読みである「サンチ」で発音している。
スモークディスチャージャー
煙幕を張るための装備。
ザク・マシンガン (105mm)
ザクIの武装であるドラムマガジン式の105mmマシンガン。
ザク・マシンガン (120mm)
ザクIIの武装。敵機から奪って使用した。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ザメルギガン
砲撃に特化したジオン製の機体。

商品情報[編集]

リンク[編集]