ガンタンクII

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ガンタンクII
外国語表記 Guntank II
登場作品
デザイナー 大河原邦男
テンプレートを表示
スペック
分類 量産型モビルビークル
型式番号 RMV-1
頭頂高 15.2m
全高 16.9m
本体重量 98.4t
全備重量 123.7t
主動力 熱核融合炉
ジェネレーター出力 221kW
装甲材質 チタン系合金
センサー有効半径 6,000m
開発組織 地球連邦軍
所属 地球連邦軍
乗員人数 3名 (上部1名+下部2名)
主なパイロット 地球連邦軍一般兵
テンプレートを表示

概要[編集]

モビルスーツとしては評価の低かったガンタンクを装甲戦闘車両 (AFV)として評価し、再設計した機体。連邦軍においてモビルスーツはAFVから発展した物であり、本機は先祖返りにあたる機体である。

機体の各部に多種多様な兵装が搭載されRX-75よりも火力が増強されている他、RXシリーズの特徴であったコアブロックシステムはオミットされており、純粋な装甲戦闘車両となっている。局地防衛用として使用され、61式戦車の後継機として期待された。また機体種も「モビルビークル」と明確にモビルスーツと異なる種である物が採用されており、型式番号にはモビルビークル用の「RMV」が宛がわれている。乗員は操縦者と砲手の3人である。

一年戦争中には6機が生産され、北アメリカや中央アジアに配備されている。

登場作品と操縦者[編集]

MSV
出典作品。
機動戦士Ζガンダム
第12話に登場。ジャブローの滑走路で敵を迎撃していたが、直後に撃墜されている。
機動戦士ガンダムUC
『重力の井戸の底で』(小説版6巻、OVA版Ep.4)に登場。前者はダカール市内で防衛に当たっていたが、シャンブロにより撃墜。後者はトリントン基地の防衛に当たっていたが、ジオン残党軍の攻撃で撃墜されている。

装備・機能[編集]

武装・必殺攻撃[編集]

120mm低反動キャノン砲
機体上部に2門装備されている本機の主砲。原型機のものに比べ威力が向上している。
180mm4連装ミサイルランチャー
右腕にあたる部分に搭載されている。
3連装ミサイルランチャー
左腕にあたる部分に搭載されている。
60mm機関砲
機体下部に1門搭載。接近された場合の緊急用装備。
2連装スモークディスチャージャー
腰部両側面に1基ずつ搭載。煙幕を張るための装備。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ガンタンク
原型機。
ガンタンクIII
アフリカ戦線向けに改良された機体だがモビルスーツに分類される。
局地制圧型ガンタンク
本機の改良型の1つで、本機と同様、RMVナンバーに属する。
ガンタンクホバー
ゲームブック『機動戦士Ζガンダム ジェリド出撃命令』に登場。移動方式をキャタピラ移動からホバー移動に改良された機体。また、キャノン砲がビーム砲に変更されている。
ガンタンク初期型
『ORIGIN』に登場する戦闘車両。

商品情報[編集]

フィギュア [編集]

リンク[編集]