ダカール

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

ダカール(Dakar)[編集]

アフリカ最西部に位置する都市。現在のセネガルの首都。宇宙世紀には地球連邦政府の首都として中央議会が設置されている。

グリプス戦役第一次ネオ・ジオン抗争で相次いで戦火に見舞われ、その後周辺一帯の砂漠化を懸念し首都機能をラサに移転する事になったが、第二次ネオ・ジオン抗争におけるフィフス・ルナ落としによってラサは壊滅。その為、ラサ壊滅後は再び連邦政府の首都としての機能を担った。ラプラス事変後は議会本部はアデレードに移転され、首都としての機能もそちらに移行されたものと思われる[1]

登場作品[編集]

機動戦士Ζガンダム
初登場作品。第37話「ダカールの日」にてティターンズの非道を暴くためにクワトロ・バジーナが議事堂を占拠。演説をすることになる。なお、その頃市街地では、エゥーゴがダカールの現地防衛隊と一時休戦し、通信施設の破壊を目的としたティターンズの追撃部隊の妨害を行っている。
機動戦士ガンダムΖΖ
連邦首都でありながら第一次ネオ・ジオン抗争でネオ・ジオン軍による占領を許してしまい、更に一部の機体を接収されてしまう。
機動戦士ガンダムUC
小説第6巻およびOVA版episode 4に登場。モビルアーマーシャンブロの攻撃により都市の中枢機能が大損害を受け、民間人にも多数の犠牲者が出た。
OVA版ではシャンブロの襲撃に先駆けて地上のジオン残党軍の強襲を受けているが残党軍の目的が陽動だった事やシャンブロによる被害も議事堂とその周辺のため、小説版と比べると被害は少なかった模様。
機動戦士ガンダムUC 『袖付き』の機付長は詩詠う
第3話にてOVA版におけるダカール襲撃の裏で発生した防衛隊と袖付きの水中戦が描かれた。この際、防衛戦力の1つである水中型ガンダムが出撃しているが、ゼー・ズール2機との交戦の末、撃墜されている。

防衛戦力 [編集]

機動戦士Ζガンダム [編集]

機動戦士ガンダムUC及び外伝作品 [編集]

関連用語[編集]

ダカール演説
ラサ
地球連邦政府

リンク[編集]

脚注[編集]

  1. その後も首都の推移は進み、ザンスカール戦争の時代にはフォン・ブラウン市が首都となっている。