TINコッド

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
TINコッド
外国語表記 Tin Cod
登場作品
デザイナー 大河原邦男
テンプレートを表示
スペック
分類 量産型制空戦闘機
型式番号 FF-6
開発組織 ハービック社
所属 地球連邦軍
主なパイロット テキサン・ディミトリー
テンプレートを表示

概要[編集]

ハービック社が開発した小型制空戦闘機。大気圏内での戦闘を想定した機体となっている。

試作機は宇宙世紀0062年に開発されていたが、実用化は大幅に遅れて0079年の一年戦争時に配備が始まっている。

防空戦闘を主とする機体で、小型機故に航続距離は短くなっているが、対戦闘機のドックファイトに優れた機体となっている。戦闘機に対しては十分な火力を持つが、モビルスーツの登場以前に開発された機体のためモビルスーツに対して有効な武装は有していない。

登場作品と操縦者[編集]

MSV
出典元。機体カラーはグレーの迷彩。
機動戦士Ζガンダム
第12話で他のMSV機と共に登場。機体カラーはベージュ一色。ジャブローに降下してきたエゥーゴのMS部隊を迎撃するべく出撃するも、MS相手には圧倒的に分が悪く、内1機がガンダムMk-IIに撃墜されている。

装備・機能[編集]

武装・必殺攻撃[編集]

25mm機関砲
機首左右に2門ずつ計4門内蔵されている機関砲。
空対空ミサイル
機体に内蔵されたランチャーによって発射されるミサイル。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

TINコッドII
原作小説版『UC』に登場する本機の改良型。フライマンタの後継に位置付けられる機体である。
プロトタイプ・コア・ファイター
本機をベースに開発されたコア・ファイターのプロトタイプ。

余談[編集]

  • 機体名の実際の由来かどうかは不明だが、男性器を髣髴とさせる名前からネタにされがちな機体である。

商品情報[編集]

フィギュア[編集]

リンク[編集]