プロトタイプ・コア・ファイター

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
プロトタイプ・コア・ファイター
外国語表記 Prototype Core Fighter
登場作品 MSV-R
デザイナー 大河原邦夫
テンプレートを表示
スペック
分類 試作型戦闘機
型式番号 FF-X5
全長 8.6m
本体重量 8.15t
主動力 熱核融合炉
開発組織 ハービック社
所属 地球連邦軍
テンプレートを表示

概要[編集]

ハービック社が開発した試作型戦闘機。RXシリーズの共通コックピットモジュールとして、以前個別に試作されたコア・ブロックとコア・ファイターから得られたデータを元に開発された。

試作機2機が開発され、モビルスーツからの射出、コア・ブロックから戦闘機への変形機構、戦闘機の機動性能等を確認する項目は多岐にわたり、慎重に性能テストが行われた。各種テスト結果からエンジン出力の不足、変形時の機体制御などの問題点が判明した。エンジン出力はエンジンを変更することで解決したが、航続距離は縮小している。

空中換装テストも行われ、当初はBパーツとの合体後に機体制御に手間取り空中換装限界高度を越えたため中止に終わったものの、事前に問題を想定していた開発陣はプログラミングの変更などのソフト面の変更のみでこれに対応。再度実施されたテストにおいて限界高度ギリギリのラインで空中換装に成功している。このテストはさらに17回行われ精度が高められた結果、練度の高いパイロットという制約付きで運用オペレーションに正式採用された。

本機に火器を追加し、翼面形状の変更を経て、コア・ファイターが完成した。本機の1号機はプロトタイプガンダムのコア・ブロックとして試験運用されたが、後にコア・ファイターへ換装され、本機もコア・ファイターへ改修された上でテストベッド機として運用された。

登場作品と操縦者[編集]

MSV-R
出典元。「月刊ガンダムエース」2013年7月号掲載のVol.51で紹介された。同コーナーの挿絵は「南米大陸の砂漠地帯上空で実施された第1回空中換装テストを撮影したもの」という内容で、TINコッド随伴の下、ガンペリーと共に空中換装に臨んでいる。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

コアブロックシステム
コア・ブロックへと変形し、V作戦で開発された機体のコックピットモジュールとして機能する。

武装・必殺攻撃[編集]

なし

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

TINコッド
ベース機。
コア・ファイター
本機の完成型。
コア・ファイター試作一号機
「月刊モデルグラフィックス」2011年8月号に掲載されている「1/35 コア・ファイター」の模型作例。コア・ファイターの開発要請を受けたハービック社が手始めに試作した飛行試験用の機体。
プロトタイプガンダム
本機を搭載した機体。

リンク[編集]