ボールF型

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ボールF型
外国語表記 Ball Type F
登場作品 MSV-R
デザイナー 大河原邦男
テンプレートを表示
スペック
分類 量産型モビルポッド
型式番号 RB-79F
全高 12.8m
本体重量 21.5t
主動力 燃料電池
ジェネレーター出力 400kW
開発組織 地球連邦軍
所属 地球連邦軍
テンプレートを表示

概要[編集]

地球連邦軍が開発したボールの改修機。ボールの損耗率を減少させるべく開発された機体で、「ボール増加装甲タイプ」とも呼ばれている。

本機は連邦軍首脳部の改修要請に対して技術陣が提示した3つの改修案の内、最も時間がかからず効果が期待できそうなプランRB-79-YCで開発された機体である。このプランが採用された要因は、ボールの生産ラインはそのままで追加装備の生産ラインを整備するだけで生産が可能であったためである。また、既に配備された機体も比較的容易に改修作業を行えるという利点も明確であった。

機体各所に装甲板を追加することで防御性能を向上させ、背部にはプロペラントタンクとスラスターを備えるブースターパックを装着することで機動性も向上させている。ロールアウトした本機はセイバーフィッシュ等の戦闘機とは比較にならないものの予想された高い機動性を発揮し、パイロットからの評価も上々だったと言われている。

登場作品と操縦者[編集]

MSV-R
出典元。

装備・機能[編集]

武装・必殺攻撃[編集]

180mmキャノン
本機の主武装。改修前と同様の武装。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ボール
原型機。

リンク[編集]