MG

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

MG[編集]

「Master Grade」の略。バンダイから発売されているガンプラのブランド。サイズは1/100。2,100円から10,500円。1995年7月、ガンプラ15周年を記念して発売が開始された。

目印は箱隅にあるレリーフ状の金地の囲みにMGの文字、その下に赤字でMASTER GRADE。

スラスターやダクトのような小さな色違い部分もパーツ分割されており、塗装なしで組むだけでも十分鑑賞に耐える仕上がりになる。加えて塗装の際にもそのパーツ分割の恩恵を受けられる。機体内部の構造が作られている事が特徴でもあり、内骨格を組んでから装甲板を取り付けていく形で製作する。

新しい物ほど技術的な新要素が加えられており、例えば5作目であるΖガンダムに対し、43作目になるZプラス (テスト機カラー)では、ほぼ同じ構成ながら変形時の構造固定用ノッチが追加されている。

ガンダムの頭頂高が18mなので、平均的サイズのMGは18cm強になる。

発売当初は商品開発にカトキハジメが関わっていたため、彼が制作に関わっていたガンダム・センチネルの機体も多数製品化されている。例えばEx-SガンダムのMG化は多くのセンチネルファンを驚かせた。後に彼が本格的にプロデュースするブランド「MG Ver.Ka」も登場した。

しかし、パーツ数が多いことや値段がそれなりに高いため手軽に製作することが難しく、これが後にRE/100の登場に繋がっていった。

商品情報[編集]

話題まとめ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]