2020年2月5日(水)および2月19日(水)10:00~13:00に、上位プロバイダによるメンテナンスのため、wikiサービスの停止が発生します。ご利用のみなさまには大変ご不便をおかけしますが、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

ガンダム Gのレコンギスタ

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ガンダム Gのレコンギスタ
外国語表記 GUNDAM RECONGUISTA IN G
原作 矢立肇
富野由悠季
原案 富野由悠季
監督 富野由悠季
脚本 富野由悠季
キャラクターデザイン 吉田建一
メカニックデザイン 安田朗
刑部一平
山根公利
デザインワークス
  • コヤマシゲト
  • 西村キヌ
  • 剛田チーズ
  • 内田パブロ
  • 沙倉拓実
  • 倉島亜由美
色彩設計 水田信子
美術

美術監督

  • 岡田有章
  • 佐藤歩
音楽 菅野祐悟
制作 サンライズ
プロデューサー
  • 小形尚弘
  • 前田俊博
  • 菊川裕之
放送局
  • MBS
  • TBS
  • ほか
  • 放送期間 2014年10月 - 2015年3月
    テンプレートを表示


    漫画版
    作画 太田多聞
    掲載誌 月刊ガンダムエース
    掲載期間 2015年10月号~
    巻数 5巻
    テンプレートを表示

    概要[編集]

    2014年10月から放送開始したTVアニメーション作品。TBS系列毎日放送製作。2クール放送。キャッチコピーは「君の目で確かめろ!!」

    富野由悠季監督の著書である『はじめたいキャピタルGの物語』を雛型としており、同監督のガンダムシリーズとしては『∀ガンダム』から15年ぶり、短編作品の『リング・オブ・ガンダム』から5年ぶりの作品である。タイトルの「G」は「ガンダム」の他、「大地(Ground)」を意味しており、「レコンギスタ」に関してもヒットを狙えるよう、基となった「レコンキスタ(復権・再征服)」に濁点を入れることで、タイトルをより力強いものにしている。

    宇宙世紀の延長線上(約1000年後)である「リギルド・センチュリー」を舞台としており、宇宙世紀に登場した技術や用語、設定が登場するのが特徴。ただ、監督自身は『∀ガンダム』の約500年後頃を想定して制作したと発言しており、公式側と設定で矛盾が生じている。

    今までのガンダムシリーズの世界観である軌道エレベータ(『機動戦士ガンダム00』)や、最終戦争で失われた科学技術そのものを封印し掘り起こす設定(『機動戦士ガンダムAGE』)をベースにしつつ、宇宙世紀や正暦(『∀ガンダム』)に繋がる内容となっている。

    ストーリー[編集]

    宇宙世紀』から一千年余の年月が経過。新たにリギルド・センチュリーと呼ばれる年号を採用。宇宙世紀の戦争に関わる技術は封印、或いは抹消された排他的世界観。その世界観で新たな歴史を起こすべく、若者達が「レコンギスタ」と称して戦う。

    メカニック[編集]

    G系列[編集]

    G-セルフ
    主役機。
    G-アルケイン
    G-ルシファー

    アメリア[編集]

    グリモア
    ジャハナム
    宇宙用ジャハナム
    モンテーロ
    ヘカテー
    トリニティ
    ダハック
    アーマーザガン
    ダーマ

    キャピタル・テリトリィ / キャピタル・アーミィ[編集]

    レクテン
    カットシー
    エルフ・ブル
    エルフ・ブルック
    ウーシァ
    マックナイフ
    ビフロン
    カバカーリー
    G-フェネクス
    派生作品『ガンダム Gのレコンギスタ FROM THE PAST TO THE FUTURE』に登場。
    キャピタル・アーミィによって復元されたユニコーンガンダム3号機 フェネクス
    ジーラッハ
    ユグドラシル

    トワサンガ[編集]

    モラン
    エルモラン
    ザックス
    ネオドゥ
    ガイトラッシュ

    ビーナス・グロゥブ (ジット団)[編集]

    ジャイオーン
    ジャスティマ
    リジット
    ポリジット
    ザンスガット
    ズゴッギー
    マズラスター
    ジロッド
    コンキュデベヌス

    その他[編集]

    ザクIIS型
    ドム
    ゴッグ
    ズゴック
    ガンキャノン
    ガルバルディβ
    リック・ディアス
    カプール
    ジェガン
    ジェムズガン
    キャピタル・ガード養成学校内に展示されている。全て発掘されたもので、既に退色しているため起動することは不可能だと考えられる。
    ズゴック
    ギアナ高地内にある旧世紀時代の遺跡に風化した機体が放棄されていた。

    キャラクター[編集]

    ベルリ・ゼナム
    アイーダ・スルガン
    ノレド・ナグ
    クリム・ニック
    ルイン・リー
    マニィ・アンバサダ
    ラライヤ・マンディ

    用語[編集]

    リギルド・センチュリーR.C.
    フォトン・バッテリー
    『フォトン(光子)』光のエネルギー。
    キャピタル・タワー
    「フォトン・エネルギー」を供給する宇宙と地球を結ぶ軌道エレベータ。なお、この時代の後とされるC.C.では軌道エレベータと思われるものがかつてあったとされる。

    関連作品[編集]

    劇場版 ガンダム Gのレコンギスタ
    Gのレコンギスタ I 行け!コア・ファイター
    Gのレコンギスタ II ベルリ 撃進
    TVシリーズに新規カット追加、映像を再編集した劇場作品。全5部作。
    ガンダム Gのレコンギスタ FROM THE PAST TO THE FUTURE
    ダイバーシティ東京の実物大ガンダム立像横の壁面映像演出「WALL-G」にて公開された映像作品。G-セルフとG-フェネクスとの戦いを描く。
    ジーラボラトリィ
    模型雑誌「ホビージャパン」に掲載されていた本作のMSV的企画。

    主題歌[編集]

    オープニング
    「BLAZING」
    作詞/メイリア、作曲/toku、編曲・歌/GARNiDELiA
    エンディング
    「Gの閃光」
    作詞/井荻麟、作曲・編曲/菅野祐悟、歌/ハセガワダイスケ

    各話リスト[編集]

    話数 サブタイトル 備考
    第1話 謎のモビルスーツ 
    第2話 G-セルフ起動! 
    第3話 モンテーロの圧力 
    第4話 カットシー乱舞 
    第5話 敵はキャピタル・アーミィ 
    第6話 強敵、デレンセン! 
    第7話 マスク部隊の強襲 
    第8話 父と母とマスクと 
    第9話 メガファウナ南へ 
    第10話 テリトリィ脱出 
    第11話 突入!宇宙戦争 
    第12話 キャピタル・タワー占拠 
    第13話 月から来た者 
    第14話 宇宙、モビルスーツ戦 
    第15話 飛べ!トワサンガへ 
    第16話 ベルリの戦争 
    第17話 アイーダの決断 
    第18話 三日月に乗れ 
    第19話 ビーナス・グロゥブの一団 
    第20話 フレームのある宇宙 
    第21話 海の重さ 
    第22話 地球圏再会 
    第23話 ニュータイプの音 
    第24話 宇宙のカレイドスコープ 
    第25話 死線を越えて 
    第26話 大地に立つ 

    資料リンク [編集]

    リンク[編集]