ダハック

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ダハック
外国語表記 Dahack
登場作品 ガンダム Gのレコンギスタ
デザイナー 形部一平
テンプレートを表示
スペック
分類 モビルスーツ
型式番号 VGMM-La01b
全高 18.5m
重量 35.5t
主動力 フォトン・バッテリー
開発組織 ジット・ラボラトリィ
所属 アメリア軍
母艦 クレッセント・シップサラマンドラ
主なパイロット クリム・ニック
テンプレートを表示

概要[編集]

ジット・ラボラトリィが開発したモビルスーツダーマのコア・ユニットとなる機体であり、トリニティと共にアメリア軍に譲渡された。

機体コンセプトは長距離航行ユニットであるダーマで移動し、コア・ユニットである本機で強襲を仕掛ける強襲型モビルスーツとなっている。戦闘以外には長距離航行能力を活かして資源の採掘や運搬に使用されていた。

本機の背部にはアームド・アームという武装が4基装備されており、ビーム砲やビーム・サーベルとしての機能を有している。両手の掌部分にはIフィールドを利用したビーム・バリアが内蔵されているため、両手でバリアを展開しながらアームド・アームで攻撃することが可能となっている。また、両手にはプランダーという特殊機能があり、フォトン・エネルギーやビームを吸収して自機に転化する機能がある。

登場作品と操縦者[編集]

ガンダム Gのレコンギスタ
パイロットはクリム・ニック。最終決戦の大気圏突入後、ダーマから放出され姿を表した。クリムはこの機体を操縦するのは初めてだったが、その性能を遺憾無く発揮し、キャピタル・アーミィの機体を多数撃破している。ジット団ジャスティママズラスターとも交戦し、ミックトリニティが撃破されかかるもこれを救助して、プランダーの機能を使用しジャスティマを撃破した。ミックが残ったマズラスターを追撃しようとするが、クリムは制止して共に戦線を離脱した。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

プランダー
両手に搭載されている特殊兵装。フォトン・エネルギーやビームを吸収・転化する機能があるため機体の稼働時間を延長することが可能となっている。ビームの吸収能力は凄まじく、ジャスティマの超大型ビーム・サーベルをも無効化している。

武装・必殺攻撃[編集]

アームド・アーム
背部に4基装備されているサブ・アーム・ユニット。ビーム砲とビーム・サーベルとして使用可能で可動範囲が広い。
ビーム・バリア
両手に搭載されているIフィールドを利用したバリア。このバリアにはプランダーとしての機能があり、バリアで受けたビームを吸収可能である。
劇中ではこのバリアとビーム・サーベルを展開して機体を高速回転させることでバリアを広域に展開する芸当を見せた。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ダーマ
本機の外装となるモビルアーマー

商品情報[編集]

ガンプラ[編集]

リンク[編集]