ジロッド

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジロッド
外国語表記 Grod
登場作品 ガンダム Gのレコンギスタ
デザイナー 形部一平
テンプレートを表示
スペック
分類 モビルアーマー
主動力 フォトン・バッテリー
開発組織 ジット・ラボラトリィ
所属 ジット団
主なパイロット クン・スーン
テンプレートを表示

概要[編集]

ビーナス・グロゥブジット・ラボラトリィが開発したG系統モビルアーマー。同じジット製G系統機であるジャイオーンジャスティマと3機で1つの部隊として行動を行う前提で開発されており、本機は後方での支援攻撃を担当する。

他のG系統の機体と異なり大型のモビルアーマーでアンテナがなくカメラがモノアイセンサーだが、本機もG系統の機体である。本機は宇宙空間での運用を想定した機体で、オールレンジ攻撃に主眼を置いた兵装を搭載している。4基の有線式ビーム砲が装備されており、両肩部には無線式攻撃端末が搭載されている。この武装により小回りの利かない本機でもモビルスーツ相手に互角以上に立ち回ることが可能となっている。大型の機体であるためペイロードには余裕があり、内部に他のモビルスーツの装備等を収納可能となっている。コックピットには脱出機能があり、緊急時に使用される。フォトン・バランサーも搭載されており、背面のスリットと中央のパーツから余剰エネルギーが放出される。

登場作品と操縦者[編集]

ガンダム Gのレコンギスタ

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

アンチ・ミノフスキーシステム
おそらくミノフスキー粒子を無効化するシステムと思われるが、具体的な効果は不明。

武装・必殺攻撃[編集]

大型フォトン・レーザー砲
機体中央に1門内蔵されているレーザー砲。戦艦すら容易く両断可能な威力を誇る。この武装を小型化したものがジット・ラボラトリィ製のモビルスーツに搭載されている。
バイトビット
両肩部に計10基搭載されている無線式攻撃端末。ビーム砲が1門内蔵されており、オールレンジ攻撃が可能。
ミサイルポッド
機体上部に発射管が4門備わっている。
有線制御式ビーム砲
両腕部と脚部にあたる部分に装備されているビーム砲。腕部にあたる球状のユニットにはビーム砲が6門内蔵されており、脚部にあたるクロー状のユニットには5門内蔵されている。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

G-セルフG-アルケインG-ルシファージャイオーンジャスティマカバカーリーG-フェネクス
他のG系統の機体。

商品情報[編集]

リンク[編集]