ジーラッハ

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジーラッハ
外国語表記 G-Rach
登場作品 ガンダム Gのレコンギスタ
デザイナー 形部一平
テンプレートを表示
スペック
分類 モビルアーマー
主動力 フォトン・バッテリー
開発組織 ジット・ラボラトリィ
所属組織 海賊部隊キャピタル・アーミィ
主なパイロット マニィ・アンバサダ
テンプレートを表示

概要[編集 | ソースを編集]

ジット・ラボラトリィが開発した大型モビルアーマー。2本の腕と1本の脚というアンバランスな外見を持つ機体であり、接地や着艦の際には腕部もランディングギアとして併用する形を取る。

本来はジット団の戦力として用意された機体であったが、メガファウナによってジット・ラボから持ち出され、マニィ・アンバサダによって運用された。その後、メガファウナが地球圏に到達したのと同時に脱走したマニィの手によってマスクの元に持ち出され、以降はキャピタル・アーミィの戦力として運用された。

全身に高火力の武装を搭載し、大型機でありながら機動性も高い。高性能のフォトン・バッテリーを搭載しているため全身にフォトン・バランサーが内蔵されており、余剰エネルギー放出時には黄色に発光する。

登場作品と操縦者[編集 | ソースを編集]

ガンダム Gのレコンギスタ

装備・機能[編集 | ソースを編集]

特殊機能[編集 | ソースを編集]

バリア・シールド
機体周囲に展開されるIフィールドを利用した全方位バリア。通常時は不可視だが出力を上げることで可視化され、その状態で周囲にバリアを拡散するように解除することで、周囲の機体を一時的に制御不能にする事も可能。

武装・必殺攻撃[編集 | ソースを編集]

ビーム砲
胴体や腕部に複数門内蔵されているビーム砲。高い威力と連射性を有する。
センチピード
腕部に収納されている百足型の伸縮式ヒート・ロッド。ヒート・ロッドの関節部からは小型のビーム・ウィップが複数発生している。
ビーム・クロウ
3本指のマニピュレーターから発振されるビーム刃。
ビフレストビット
スカート後部に6基装備されている無線式の攻撃端末。ビット1基につきビーム砲が10門内蔵されており、広範囲に攻撃することが可能。

対決・名場面[編集 | ソースを編集]

関連機体[編集 | ソースを編集]

リンク[編集 | ソースを編集]