ジェムズガン改

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジェムズガン改
外国語表記 Jamesgun Custom
登場作品 機動戦士クロスボーン・ガンダム DUST
デザイナー 長谷川裕一
テンプレートを表示
スペック
分類 汎用量産型モビルスーツ
型式番号 CRGM-119
全高 14.7m
主動力 熱核融合炉
装甲材質 ガンダリウム合金スーパーセラミック複合材
開発組織 キュクロープス
所属 キュクロープス
主なパイロット キュクロープス兵
テンプレートを表示

概要[編集]

キュクロープスで運用されるモビルスーツジェムズガンの頭部を改修した機体で、機体カラーは紺色となっている。

頭部以外はジェムズガンと同一の設計で生産ラインも同じものを使用しているが、技術レベルが後退しているため本機も性能が低下している。さらに、ビーム兵器の信頼性が低くなっているため、武装が実弾系に変更されている。改修された頭部のセンサーはキュクロープスの機体の通信網とデータ管理を一体化する役割を持つ。また、低下した性能を補うためにハンブラ-Bとの連携行動が行われている。

このような機体となっているため一般的に「改」と名称に付く機体と異なり、本機はジェムズガンの強化改修機ではない。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士クロスボーン・ガンダム DUST
キュクロープスの量産機として多数の機体が登場する。アンカーなどには敵わないが、適当なレストアモビルスーツに対しては撃破する活躍を見せており、著しく技術低下した世界では十分な性能を保持した機体となっている。

装備・機能[編集]

武装・必殺攻撃[編集]

バルカン砲
頭部に左右一対2門内蔵されている機関砲。
マシンガン
信頼性の低いビーム・ライフルの代わりに装備しているマシンガン。ジェムズガンのビーム・ライフルの外装を利用したタイプとキュクロープス機共通タイプの2種が存在する。
キャノン砲
長距離支援用のキャノン砲。形状は一年戦争時の陸戦型ジム等が装備していた180mmキャノン砲に似る。
シールド
主にジム系列機が装備していた覗き窓付きの大型シールド。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ジェムズガン
原型機。
ショートショルダー改 (ジェムズガンSS改)
本機をショートショルダーの生産ラインで改修した機体。
ヴォルケーノ / ハンブラ-B / アッシマック / ノエル・レイス
他のキュクロープスの機体。頭部のセンサーが共通している。

リンク[編集]