2020年2月5日(水)および2月19日(水)10:00~13:00に、上位プロバイダによるメンテナンスのため、wikiサービスの停止が発生します。ご利用のみなさまには大変ご不便をおかけしますが、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

アッシマック

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

CRX-044 アッシマック(Asshimac)[編集]

概要[編集]

キュクロープスで運用されている可変モビルアーマー。グリプス戦役の機体であるアッシマーを再設計した機体で、頭部にはキュクロープス独自のセンサーが搭載されており、キュクロープスの機体の通信網とデータ管理を一体化する役割を持っている。それ以外の大きな違いは、下半身も円盤状の装甲で覆われていることにある。変形は簡略化されているが、重量は増加してしまっている。ベース機であるアッシマーが変形する理由は大気圏内での空力調整が目的だったが、本機の場合は防御力の強化である。これはこの時代が実弾主体となっているため、曲面的な装甲で実弾を弾くことを目的としている。

キュクロープスの機体の型式番号は混乱を避けるため、ヴォルケーノ以外の機体はベース機の物の冒頭に「C」をつけることにしている。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士クロスボーン・ガンダム DUST

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

変形
モビルスーツ形態に変形する。

武装・必殺攻撃[編集]

マシンガン
ドラムマガジン式のマシンガン。信頼性の低いビーム・ライフルの代わりに装備している。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

アッシマー
原型機。
アンクシャ
こちらはアッシマーの後継機。
ヴォルケーノジェムズガン改ハンブラ-B
他のキュクロープスの機体。頭部のセンサーが共通している。

商品情報[編集]

リンク[編集]