2020年2月5日(水)および2月19日(水)10:00~13:00に、上位プロバイダによるメンテナンスのため、wikiサービスの停止が発生します。ご利用のみなさまには大変ご不便をおかけしますが、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

アンクシャ

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
アンクシャ
外国語表記 Anksha
登場作品
デザイナー カトキハジメ
テンプレートを表示
スペック
分類 量産型可変モビルスーツ
型式番号 RAS-96
全高 22.3m
本体重量 28.3t
全備重量 43.9t
主動力 熱核融合炉
ジェネレーター出力 2,200kW
スラスター総推力 79,600kg
装甲材質 ガンダリウム合金
センサー有効半径 14,200m
開発組織 アナハイム・エレクトロニクス社
所属 アナハイム・エレクトロニクス社
主なパイロット マイオス・ホーデン
ビーナ・スンレン
カーム・フライターク、他
テンプレートを表示

概要[編集]

アナハイム・エレクトロニクス社が開発した地球連邦軍の量産型モビルスーツ

アッシマーの後継機で、モビルアーマー形態への変形が可能。その際、機体は円形状のリフティングボディとなる。

整備性と量産性を高めるべくアッシマーを再設計しており、当時の連邦軍の主力機だったジェガンと同じ規格品を使う事でこれを達成している。また、MA形態時の本機をサブ・フライト・システムとしても運用できるように背部にはグリップとMS搭載用プラットフォームを追加し、推力も強化されている。これによって上に他のMSを載せる事が可能となり、なおかつそのまま単独飛行を行えるようになった。更に高々度迎撃任務にも投入が可能となっている。

頭部にはアッシマーから引き続き航空管制用レーダーや差圧センサー等が内蔵されているが、顔はモノアイを装備した旧ジオン系のMSを連想させるものからバイザー型のジェガン系のそれに変更されているが、これは軍の上層部からの指示によるものと言われている。

名称はヒンドゥー教の神「ガネーシャ」が持っている杖の名に由来する。

前述のMS搭載用プラットフォームや両腕のバインダーは上にMSを載せる際、アッシマーのサイズのままだと小さ過ぎた為に追加される事になったという。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダムUC
初登場作品。ガルダや地上の重要拠点に多数が配備されている。特に前者ではガルダ構想における重要な役割を果たしていたとされている。
ガルダの周辺で発生した戦闘でも出撃し、ユニコーンガンダムに攻撃を仕掛けたが一蹴されている。また、ユニコーンガンダムとバンシィがガルダの上で戦闘を繰り広げた際、接近していた1機が発生したサイコフィールドに触れてしまい、弾き飛ばされガルダに激突、爆散している。
機動戦士ガンダムUC 星月の欠片
主なパイロットはマイオス・ホーデンビーナ・スンレンカーム・フライターク。普段は新兵のカームを訓練している。
とある事情でアッシマーとギャプランに乗っていたマイオスやビーナと共にジオン残党のドライセン3機のうち2機と交戦。1機はビーナとの連携で、もう1機は単独で撃破している。
機動戦士ガンダムNT
マーサ・ビスト・カーバイン護送の護衛機として引き続き登場。1機は奇襲により墜落し、もう1機はヨナ・バシュタディジェの右腕を切断しているが、反撃にあい胴体と頭部、右腕以外を切断されてしまう。それでもなおビーム・サーベルで抵抗しようとするものの、別のディジェにコックピットを撃ち抜かれ撃墜された。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

サポートシステム
その名の通り、パイロットの操縦をサポートするシステム。リゼルで初めて搭載され、本機でも採用された。勿論、システムに頼らずとも操縦可能で、熟練者は敢えてシステムカットして操縦することも少なくない。
変形
MA形態とMS形態に可逆変形可能。

武装・必殺攻撃[編集]

60mmバルカン砲
頭部に2門内蔵。主に迎撃や牽制等に使用される。
ムーバブル・シールド・バインダー
両腕に装備されている。シールドとしては勿論、MA形態時には整流版としても機能し、航空機動性の向上に一役買っている。
これに関してはアッシマーではなくギャプランの流れを汲んでいると思われる。
ビーム・ライフル
本機の主兵装で、ムーバブル・シールド・バインダーに1門ずつ、計2門内蔵されている。ジェネレーター直結式で、出力と応答性が非常に高い。
この武装もギャプランの流れを汲んでいる可能性が高い。
ビーム・サーベル
格闘戦用の武器。両膝に1基ずつ、計2基をマウントしていて、使う際はグリップがポップアップされる。

対決・名場面[編集]

ドライセン
ガルダ隊のカーム・フライタークが地上に降りた際に、その地方で武器密売の取引をしていたジオン残党と接触。同じくその場に居合わせた上司のマイオス・ホーデンビーナ・スンレンと共に敵勢力のドライセンを撃破した。
その後、拠点は自爆装置で消滅したものの3人は武器商人を拘束して生還している。

関連機体[編集]

アッシマー
従来機。こちらはアナハイムではなくオークランド研究所が開発した。
ギャプラン
アッシマー同様、オークランド研究所の開発機体。この機体からも少なからず影響を受けているようである。
ジェガンD型
部品の一部はこの機体と共通規格となっている。
リゼル
本機に先行する形でロールアウト。こちらも同じコンセプトで造られている。

商品情報[編集]

ガンプラ[編集]

リンク[編集]