ヨナ・バシュタ

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヨナ・バシュタ
登場作品
声優 榎木淳弥
中村文徳 (8歳時)
デザイナー 金世俊
テンプレートを表示
プロフィール
種族 人間
性別
年齢 8歳 (一年戦争時) ⇒ 13歳 (不死鳥狩り)または15歳 (NT) ⇒ 25歳
職業 MSパイロット
所属組織 地球連邦軍
所属部隊 ルオ商会所属のディジェ隊 (NT) ⇒ シェザール隊
階級 中尉 (不死鳥狩り)
少尉 (NT)
コールサイン
【不死鳥狩り】
C006 (シェザール006)
【NT】
S007 (シェザール・セブン)
主な搭乗機

スタークジェガン
ディジェ
ナラティブガンダム
フェネクスなど

テンプレートを表示

概要[編集]

機動戦士ガンダムUC 不死鳥狩り』及び『機動戦士ガンダムNT』における主人公。『不死鳥狩り』を再構成した『NT』においては細部の設定が変更されている。

不死鳥狩りにおける設定 [編集]

地球連邦軍の少数精鋭部隊「シェザール隊 (猟人隊)」に所属する中尉で、コールサインは「C006 (シェザール006)」。年齢は25歳でシェザール隊では最年少である。

一年戦争時 (当時8歳)にオーストラリアジオン公国軍コロニー落としによって被災しており、3歳の妹、父や母、祖父や祖母を失っている。13歳の頃はニューフロリダのセント・ファーガス孤児院でリタと共に育った。彼女が里親 (エスコラ・ゲッダ)に引き取られ孤児院を去る日、彼女のために買った、翼を広げた海鳥を象ったブローチをプレゼントしようとするも決心がつかず、渡す事ができないまま最後の別れを迎える。その後、ヨナは14歳で養父母に引き取られ、18歳で士官学校に入学。25歳でシェザール隊に編入されるまで、成績、賞罰、どれも特記事項なしと、平凡を絵に描いたような連邦士官として過ごしてきた。

しかし、ユニコーンガンダム3号機「フェネクス」が暴走し母艦エシャロットを襲った「エシャロット事件」が発生した後、エシャロット乗員の生き残りである同じ孤児院育ちの艦載機の整備士からフェネクスのパイロットはリタであると知らされた事がヨナの転機となった。

ヨナはそれ以来、リタの足跡を辿るべく既に解散した施設の職員の元を尋ね歩き、リタが孤児院を去ったのと同時期に何人もの戦災孤児がESPテストを受けさせられ、ニュータイプの素養のある者がニュータイプ研究所に送り込まれていた事を知る。そしてリタを連れ去った張本人であるエスコラ准将の邸宅に事前に下調べをした上で侵入したヨナは、彼が元ティターンズ所属である事を黙秘する見返りに、消息を絶った3号機の捜索部隊への自身の編入を提案し、これを承諾させた。

シェザール隊編入後にフェネクス捕獲作戦「不死鳥狩り」へ参加した際は、リタへ最後の別れ際に伝えられなかった想いを告白するべく、隊の面々に先んじてフェネクスに接触しようと奔走。フェネクスと接触した際、リタの声に導かれるまま、何かを運び出そうとしている袖付きの部隊と接触し、リタが「この世界にあってはならないもの」と告げるそれを破壊するべく、単身戦いを挑む事となる。

NTにおける設定[編集]

地球連邦宇宙軍に所属する25歳少尉。シェザール隊におけるコールサインは「S007 (シェザール・セブン)」。18歳で地球連邦軍士官学校に入学し、入隊以降の賞罰が特に無いという点は『不死鳥狩り』と同様だが、プライマリースクールの2年生だった一年戦争当時、幼馴染のリタとミシェルと3人でジオン軍のコロニー落としを事前に察知し、多くの人々を救った事から「奇蹟の子供達」と呼ばれた経験を持つ。この時、両親を失って戦災孤児となっている。

一年戦争後は「奇蹟の子供達」の噂もあり、ニュータイプの素養を見込まれて地球連邦軍のオーガスタ研究所強化人間の処置を受けるが、コロニー落としの際に実際にニュータイプ能力を発現したのはリタのみで、他の2人はリタを通してイメージを見たにすぎないという秘密を抱えていた。さらにグリプス戦役終盤、ある事情からミシェルはルオ商会に引き取られ、これを機に3人は別々の運命を辿る事となる。この時、図らずもリタを見捨てる形になってしまったヨナは、彼女を守れなかった事に対する強烈な悔恨と罪悪感を抱えている。連邦軍への入隊後はこれらグリプス戦役終結以前の自身の過去を全て抹消しており、ごく平凡な経歴の士官を装っている。

しかし、宇宙世紀0097年にリタと共に消息不明となっていたフェネクスが再出現したのを機にミシェルと再会。ルオ商会によるマーサ・ビスト・カーバインの拘束時には、ミシェルによりディジェ隊に編入され初の実戦を経験。続く「不死鳥狩り」においても、ミシェルによってナラティブガンダムのパイロットに指名され、シェザール隊に編入される。パイロットとしての実力は中の上程度である事から、隊からはガンダムに搭乗している事に疑問を抱かれている。ただ、ニタ研での辛い過去もあり、フェネクスを捕獲しようとする執念は『不死鳥狩り』以上に強い。

作中、度々フェネクスと邂逅する事になるが、その中でリタから「この世界にあってはならないもの」としてIIネオ・ジオングの破壊を告げられ、自身もニュータイプへと覚醒。リタとミシェルそれぞれの想いを受け、IIネオ・ジオングを駆るゾルタン・アッカネンとの決着に挑む。

尚ノベライズ版によればヨナの父親は連邦の航空機分野を担いあのRX-78コア・ファイター開発にも携わったハービック社のエンジニアであり、ヨナら三人が絆の証として分かち合ったペンダントは元々ヨナの父親がコロニー内における航空機の飛行に関する画期的な発明を成し遂げたことを称え授与された徽章とされる。のちにハービック社がAEに買収され、AEによって開発されたナラティブガンダムにコア・ファイターが搭載され、それに息子であるヨナが搭乗するのはある意味運命の悪戯と言うべきか。

登場作品と役柄[編集]

機動戦士ガンダムUC 不死鳥狩り
初登場作品。リタの声に応える形で、フル・フロンタルの下へネオ・ジオングを運び出そうとする袖付きの部隊と交戦し、遂にはネオ・ジオングと交戦。乗機を撃墜されるも、リタへの告白と共にフェネクスに乗り移りネオ・ジオングを撃破。リタと邂逅した後、銀河へと旅立つフェネクスを見届けた。
機動戦士ガンダムNT
映像化に合わせ容姿が設定された。『不死鳥狩り』と同様、主人公を務める。作中、ミシェルとの確執から生じた憎しみからNT-Dに取り込まれかけるも、リタに制止され事なきを得る。その後、IIネオ・ジオングでの戦闘でミシェルが身を挺して自身を守った際、再び幼馴染を亡くし絶望に駆られるも、自身を不死鳥狩りに参加させたミシェルの真意を知り奮起。IIネオ・ジオング撃破後にリタとミシェルに再び邂逅した後、救援に訪れたシルヴァ・バレトのパイロットと共に銀河へと旅立つフェネクスを見届けた。

人間関係[編集]

主要人物 (奇蹟の子供たち) [編集]

リタ・ベルナル
幼馴染。ヨナと同じ孤児院で育つも、その後ヨナと別れた後にフェネクスのパイロットとなり、機体と共に消息不明となる。別れ際に受けた「次に生まれ変わるとしたら」という言葉に答えるべく、ヨナはフェネクスを追う。
ミシェル・ルオ
『NT』におけるもう1人の幼馴染。ヨナやリタとニタ研にいた当時、生き残るためにリタを利用した事からヨナとの間に確執が生じている。フェネクスが再出現した際、ある目的からヨナをフェネクス捕獲作戦へと参加させる。

シェザール隊[編集]

イアゴ・ハーカナ
上官。

地球連邦軍[編集]

エスコラ・ゲッダ
『不死鳥狩り』では彼を脅迫し、シェザール隊への編入を手配させた。
エシャロットの艦載機の整備士
『不死鳥狩り』におけるエシャロット事件の生き残りで、ヨナと同じ孤児院で育った人物。フェネクスのパイロットになったリタを目撃するも、彼女が里親に引き取られていた事は知らず、今でもヨナと一緒にいると思っていた。これを知ったヨナはリタの足取りを追い始める。

ジオン共和国軍 (モナハン一派) [編集]

ゾルタン・アッカネン
不死鳥狩りを目論む強化人間。憎悪に駆られIIネオ・ジオングで世界に災厄を齎そうとする彼を阻止するべく、ヨナはフェネクスと共に立ち向かう。

ジオン共和国 (ミネバ一派) [編集]

バナージ・リンクス
かつてユニコーンガンダムに搭乗し、一度、真のニュータイプへの覚醒を果たした人物。不死鳥狩り作戦の最終局面においてシルヴァ・バレト・サプレッサーを駆ってIIネオ・ジオングと交戦するヨナを援護し、終結後、ヨナと共に宇宙の果てへと旅立つフェネクスを見届けた。

ネオ・ジオン残党軍 (袖付き)[編集]

フル・フロンタル
直接の面識は無いものの、『不死鳥狩り』ではネオ・ジオングのパイロットから投影された彼の影を見ている。
ネオ・ジオングのパイロット
『不死鳥狩り』でネオ・ジオングに搭乗した強化人間。強化手術により心を失った彼を感じ取った事で、リタも同様に手術により心を失いフェネクスのパイロットにされた事を知る。

家族 [編集]

亡父。『NT』ノベライズ版で、ハービック社にエンジニアとして勤めていたという設定が付加された。

名台詞[編集]

『ないよ、そんなの』
『不死鳥狩り』及び『NT』の冒頭、砂浜で「天国って本当にあると思う?」と問うリタに対して。コロニー落としによって善人も悪人も区別無く殺される光景を目の当たりにしたヨナにとって、神はこの世界に存在しないものだった。そしていつも突き放した言い方をしてしまう自分自身に腹を立てる余り、反論の言葉を重ねてしまう。
だってそうだろう? コロニー落としでは、善人も悪人も区別なく殺された。もし本当に神がいて、一年戦争もその御意思だって言うなら、そいつはとんでもない殺人狂だ。しかし神はおまえだけはお救いになった、まだこの世でやるべきことが残っているからだ、試練と受け止めて強くなれ? 冗談じゃない。じゃあ三歳で死んだ妹には、あらかじめやるべきことがなかったというのか。父や母、祖父や祖母は。リタの家族だって――。
『不死鳥狩り』での上記の会話に続く地の文。
「忘れていたよ! おまえのことなんか!」
「手紙、書いたんだ。何度も、何度も……なのに、返事はなくってさぁ!」
「知らなかったんだ。知らなければよかった。おまえが……君が実験動物みたいにされてただなんて……!」
「死んでるくせに! なんでいまさらおれの前に現れたんだよ!」
『不死鳥狩り』より、フェネクスとの2度目の相対時に。整備士からリタの事を聞かされたその夜にリタの幻を見たヨナは彼女が既に死んでいる事を悟った。もはやどうする事もできないのにも関わらず、リタは魂だけの存在となって再び自分の目の前に現れた。やりきれなさから突き放すように叫ぶヨナだったが、ただそれでも、彼女に伝えなくてはならない言葉があった。
「ネオ・ジオンの《ジオング》……《ネオ・ジオング》……?」
『不死鳥狩り』より、コアを収容したネオ・ジオングと相対した際、両足のない姿を見て無意識に呟いた台詞。実に的を得た名前である。この直前にも地の文で「蓮の花の上で胡坐をかき、ザゼンをする東洋の神……ブッダとかシャカとかいう半眼の神の似姿だ」と表現している。
『おれは……』
『君が鳥になるなら、おれは……』
「おれも……」
「おれも、鳥になる……!」
『不死鳥狩り』より、フェネクスへの乗り換えシーンにて。ネオ・ジオングによりスタークジェガンのコックピットを圧壊される寸前、ヨナは再びあの時の浜辺にリタといた。「次に生まれ変わるとしたら」の問いに対し、取り返しがつかないことでも、なにも救われなくても伝えたかった12年間しまい続けた言葉を言うべくリタへと手を伸ばす。
強制開放レバーを引き圧壊するコックピットから脱出したヨナは自分を待つフェネクスへと乗り移り、遂にその想いを告白。不死鳥に生まれ変わったリタと一体となり、フェネクスはガンダムへと姿を変えた。
「君が鳥になるなら、おれは……」
「おれも、鳥になる……!」
こちらは『NT』における乗り換えシーンより。コア・ファイターからフェネクスへと飛び移ったヨナはコックピットを漂うペンダントを見つける。涙ぐむヨナの目の前でそれは残りのペンダントと引かれ合い1つのペンダントとなった。決意を新たにしたヨナは遂にその想いを告白。青い燐光を放ち束縛から放たれた不死鳥はガンダムへと姿を変えた。
「仮面……シャア……フル……フロンタル……?」
『不死鳥狩り』より、サイコ・シャードを展開したネオ・ジオングの背後にフル・フロンタルの影を見た際に。脳裏に響く声から彼がその場にいない事を知ったヨナは、ネオ・ジオングのパイロットを感じ取ろうとするが、彼もまたリタと同様、マシーンと繋がるために頭の一部を空白にされた人形だった。
もう君を束縛するものはなにもない。思うまま、どこまでも飛んで行くがいい。いつか追いつくよ。おれも、おれたちも、いつの日か君に追いつく。
そんなに先の話じゃない。この銀河が寿命を終えるまでには、必ず。いくつもの世代、いくつもの世紀を重ねた先に、きっと。待っている必要はない。その時は、おれが君を見つける。おれたちの不死鳥狩りは、まだ始まったばかりなのだから――。
『不死鳥狩り』のラスト、銀河の中心へと旅立つフェネクスを見つめ続けながらの地の文。リタが最後に教えてくれた「うれしいってことに、理由はいらない」。生きているからこそ喜びを見て感じる事ができると、ヨナは笑みを浮かべて不死鳥を見送った。

搭乗機体・関連機体[編集]

スタークジェガン
『不死鳥狩り』での搭乗機。フェネクス捕獲用に海ヘビを装備している。
ディジェ
『NT』冒頭のマーサ護送隊襲撃時に搭乗。
ナラティブガンダム
『NT』での主な搭乗機。
ナラティブガンダム A装備
フェネクスとの初交戦時に搭乗。
ナラティブガンダム B装備
サイド6「メーティス」におけるフェネクス捕獲作戦で搭乗。
ナラティブガンダム C装備
IIネオ・ジオングとの決戦時に搭乗。
ユニコーンガンダム3号機 フェネクス
『不死鳥狩り』ではスタークジェガンから、『NT』ではナラティブガンダム C装備から乗り換える形で搭乗。
ジェガンD型
『不死鳥狩り』でシェザール隊配属前に原隊で搭乗していた機体。

余談[編集]

  • 『NT』では華奢な容姿として描かれており、鈍重なサイコスーツを脱いだ際、そのギャップに驚かされる事になる。これは監督の吉沢俊一氏の「最初がフルアーマー」という逆パターンを狙ったアイデアで、作中ではナラティブガンダムからA装備が取り外されるシーンがヨナがサイコスーツを脱衣するシーンと重ね合わされるという演出がある。

商品情報[編集]

書籍 [編集]

リンク[編集]