ミシェル・ルオ

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ミシェル・ルオ
外国語表記 Michel Luio
登場作品 機動戦士ガンダムNT
声優
  • 村中知
  • 横溝菜帆(幼少期)
デザイン
  • 高橋久美子(原案)
  • 金世俊(アニメーションデザイン)
  • テンプレートを表示
    プロフィール
    旧姓 アベスカ
    種族 人間 (アースノイド)
    性別 女性
    年齢 25歳
    出身 オーストラリア
    職業 ルオ商会特別顧問
    所属 ルオ商会
    テンプレートを表示

    概要[編集]

    ヨナ・バシュタリタ・ベルナルらと共にジオン軍コロニー落としを予見し「奇跡の子供」と呼ばれた一人。一年戦争後はオーガスタ研究所でヨナ、リタと同じくニュータイプ研究の為の実験体として扱われていたが、グリプス戦役の際にルオ商会との取り引きによって引き渡され、ルオ家の養子に迎え入れられた。

    ルオ商会では略筮法によってルオ商会の繁栄に貢献。商会に降りかかるであろう危機を事前に言い当て、義父のルオ・ウーミンの信頼を獲得。その後は商会の特別顧問として政財界から大きな信頼を集める。

    連邦軍中将マウリ・レホを占った際の見返りとして「不死鳥狩り」の情報を得て幼馴染のヨナとナラティブガンダムを伴い作戦に介入。一方で、連邦軍が袖付きから接収したIIネオ・ジオングを極秘裏にジオン共和国へと提供し、フェネクス捕獲の為の布石を打った。

    オーガスタ時代にエスコラ・ゲッタのルオ商会との取り引きに関する会話を偶然盗み聞きし、ヨナ、リタの三人で生き残るべく、他の二人をあえて騙す形でルオ商会に引き渡された。その為、ヨナとリタを探す為に尽力したもののそれが出来なかった自分の弱さを悔いている。不死鳥狩りではフェネクスに対して強い執着を見せるが、これはリタが乗っていた事と、機体に搭載されたサイコフレームの性質を解明し人の魂と呼べる物をサイコフレームに移植する技術によって生死を超越出来るという考えを持つ為であった。その為、「人は死を克服出来る」という考えに取り憑かれており、目的の為には犠牲を厭わなくなっている。

    なお、彼女の占いは統計学の応用であり、事情通としての立場で得られた情報に勘を働かせたものであり、本人曰く「計算で確率を導き出すコンピュータと変わらない」とされる。

    登場作品と役柄[編集]

    機動戦士ガンダムNT
    初登場作品。「機動戦士ガンダムUC 不死鳥狩り」から「機動戦士ガンダムNT」に再構成される際に追加されたキャラクターの一人として登場。

    人間関係[編集]

    主要人物 [編集]

    ヨナ・バシュタ
    幼馴染。かつて彼を騙してルオ商会に引きとたれた事から「嘘つき」の誹りを受ける。
    リタ・ベルナル
    幼馴染。彼女を見捨てる形になった事を悔いており、ヨナとリタを引き合わせる事も彼女の目的の一つであった。

    ルオ商会[編集]

    ルオ・ウーミン
    義父。不死鳥狩りへの介入は永遠の命を欲した彼の意向が働いたものであるとしているが、真偽は不明。
    ステファニー・ルオ
    義姉。政財界の間ではステファニーはミシェルの追放を企てていると噂されていたが……。
    ブリック・テクラート
    秘書。ミシェルからは兄のように慕われている。

    ティターンズ[編集]

    エスコラ・ゲッタ
    旧オーガスタ研究所施設長。彼と上級研究員のマルガの話を聞いた事で、彼女の運命が大きく変化する事になった。

    ジオン共和国[編集]

    モナハン・ハバロ
    ジオン共和国外務大臣。裏で繋がっており、IIネオ・ジオングを極秘裏に提供した。

    地球連邦軍[編集]

    マウリ・レホ
    地球連邦軍参謀本部の中将。ミシェルの取引相手であり、彼女にシンギュラリティ・ワンに関する資料を極秘裏に提供した。

    名台詞[編集]

    搭乗機体・関連機体[編集]

    ローズバッド
    主にナラティブガンダムの運搬や作戦宙域への投入の際に乗船。
    89式ベースジャバー
    最終決戦でナラティブガンダム C装備サイコフレームを届ける際、ブリックと共に搭乗。94式ベースジャバーをブースターとして連結している。

    リンク[編集]