ジャベリン

提供: ガンダムWiki
Jump to navigation Jump to search
ジャベリン
外国語表記 Javelin
登場作品
デザイン 石垣純哉
テンプレートを表示
スペック
分類 宇宙用量産型モビルスーツ
型式番号 RGM-122
全高 14.5m
本体重量 8.1t
全備重量 16.5t
主動力 熱核融合炉
ジェネレーター出力 3,980kW
スラスター総推力 69,260kg
アポジモーター数 18
装甲材質 ガンダリウム合金セラミック複合材
開発組織 アナハイム・エレクトロニクス社
所属 地球連邦軍
主なパイロット
テンプレートを表示

概要[編集]

宇宙世紀0130年代以降の地球連邦軍の宇宙用主力モビルスーツ。ジェムズガンとは兄弟機にあたり、機体フレームやジェネレータ、パーツはほぼ同一の物で構成されている。「シルエットフォーミュラプロジェクト」で得られたサナリィと、裏取引で得られたブッホ・コンツェルン(クロスボーン・バンガード)の技術力のフィードバックにより、アナハイム側の優れた生産性によって高性能な量産型モビルスーツが完成した。機体各所にスラスターを内臓しており、軽快な運動性能を誇る。試作機はすでに0123年に完成しているが、生産設備の配置転換などの問題から実戦配備には10年以上の年月を要した。本機の特徴は「ジャベリン」という投げ槍の名から名付けられたとおり、バックパックにショットランサーユニットを左右一対二基装備している事が挙げられる。元々はブッホ・コンツェルンの独自技術であり、ジャベリンが様々な組織の技術を用いたモビルスーツであることを裏付けている。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士クロスボーン・ガンダム
U.C.0130年代ではヘビーガンとの機種転換が進んでいる頃で、この時代においては高性能な量産型モビルスーツであった。
機動戦士Vガンダム
U.C.0150年代においても主力量産型モビルスーツではあるが、0120年代の技術水準で設計されている本機は既に旧式化が進んでいる。0150年の技術で開発されたゾロアットガンイージに比べると性能差は歴然ではあるが、本機のポテンシャルの高さからこの時代でも通用するだけの性能を誇る。ザンスカール帝国との艦隊戦では優位に立っていることからして、この機体が旧式ながらも戦場では上手く機能していることがわかる。

装備・機能[編集]

換装
バックパックの換装が可能。

武装・必殺攻撃[編集]

バルカン砲
頭部に2門内蔵されている機関砲。
ビーム・サーベル
リアアーマーに2基装備されている。
ビーム・ライフル
サブグリップ式のライフルで、ジェムズガン用よりは出力は高い。
ジャベリンユニット
機体名の由来になった装備。ユニットに装備されているショットランサーは、ブッホ・コンツェルンの技術転用により開発した物の改良品が採用されている。ランサーそのものがスラスターユニットと一体化しており、投打武器、ランサー射出、ユニットそのものも射出できる。ランサーの先端にビーム幕を展開することで威力が高められている。
ビーム・シールド
左腕に装備。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

プロトタイプジャベリン
ジェムズガンをベースに試作されたジャベリン。この段階ではまだショットランサーを装備していない。
ジャベリン初期生産型
初期生産型。ジェムズガンと生産ライン・一部パーツを共有している。
ジャベリンキャノン
バックパックをビームキャノンに換装した支援砲撃仕様。4連装と単装の2タイプがある。
メガスピア搭載型ジャベリン
バックパックを大型ショットランサーに換装した対艦戦仕様。
ジェムズガン
原型機。

商品情報[編集]

リンク[編集]