ガンダムF90-Gタイプ

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ガンダムF90-Gタイプ
外国語表記 Gundam F90 Guards Type
登場作品 機動戦士ガンダムF90
デザイナー 大河原邦男
テンプレートを表示
スペック
分類 汎用試作型モビルスーツ 警備・護衛形態
型式番号 F90G
全高 14.8m
本体重量 8.9t
主動力 熱核融合炉
装甲材質 ガンダリウム合金セラミック複合材
開発組織 サナリィ
所属組織 地球連邦軍
所属部隊 第13実験戦団 (第13独立機動艦隊)
テンプレートを表示

概要[編集]

ガンダムF90に警備・護衛用ミッションパックを装備した形態。拠点や母艦などの警備・護衛を想定している。

両肩のハードポイントに用途の異なる二種の大型兵装をジョイントしており、右肩には遠近両用の大型ビーム兵器「マルチプル・ビーム・ウェポン」が、左肩には上半身を覆うサイズの大型シールドが装備されている。

これらの装備によって、遠方から迫るミサイルの迎撃のみならず、MSとの格闘戦などにもフレキシブルに対応が可能となっていた。

登場作品と搭乗者[編集]

機動戦士ガンダムF90
ミッションパックの名称および仕様の初出。
F90 A to Z PROJECT
大河原邦男氏により画稿が新規に設定され、機体設定も付加された。

装備・機能[編集]

武装・必殺攻撃[編集]

F90本体側 [編集]

バルカン砲
頭部に2門装備。
ビーム・サーベル
バックパックに2基装備された白兵戦用のビーム兵器。

ミッションパック側 [編集]

マルチプル・ビーム・ウェポン
右肩のハードポイントにマウントラッチを介して装備される複合兵装。本体からビーム刃を発生・固定する事で格闘兵器として使用できるだけでなく、ライフルモードに移行すれば先端部からビームによる射撃も可能。銃床にはF90用のビーム・ライフルEパックが取り付けられている。大型ではあるが、肩のハードポイントとマニピュレータの2箇所で支持する為、取り回しに優れ射撃範囲も広い。
大型シールド
左肩のハードポイントに装着されるシールド。上下に可動する構造を有し、側面や上方からの攻撃に対して本体を防御する役目を果たした。シールド中央部には連邦軍マークである錨の装飾が施されている。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ガンダムF90
本体。
クロスボーン・ガンダムX3 / クロスボーン・ガンダムX1フルクロス
マルチプル・ビーム・ウェポンと同系統の遠近両用兵器「ムラマサブラスター」を装備する。
クロスボーンガンダムフルアーマー
ムラマサブラスターと同系統の武器「ムラマサ・ハイバスター」に加え、左肩に大型のシールド(パイルバンカー内蔵)を装備するなど、武装構成が類似している。

商品情報[編集]

資料リンク [編集]

リンク[編集]