クロスボーンガンダム魔王

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

XM-X9999 クロスボーンガンダム魔王(Cross Bone Gundam Maoh)[編集]

ヤサカ・マオが製作したガンプラ
機動戦士クロスボーン・ガンダム」に登場するモビルスーツクロスボーン・ガンダムX1」の改造機であり、以前の愛機であるガンダムX魔王が搭載していた機能を組み込んでいる。また、改造にはガンプラバトル選手権世界大会で得た経験が反映されている。
頭部に施されていた髑髏のレリーフは胸部に位置が変更され、なおかつ大型化。コアブロックシステムはオミットされ、その代わりとして空いたスペースにサテライトキャノンを内蔵している。そのエネルギーチャージの為に機体の各所にはリフレクターを内蔵し、背部のX字型スラスターもリフレクターミラーユニットに変更された。ちなみにこのリフレクターミラーもX字型に配置されているが、これは原型機から継承したというよりはマオがこの形状にこだわりを持つ為という理由の方が大きいようである。
クロスボーン・ガンダムは15m級の小型機という事もあってガンダムX魔王よりも機体サイズは小さいが、パワーでは本機が勝っている。武装もブランド・マーカー以外はそのまま残されているため接近戦も得意であり、サテライトキャノンによる大火力攻撃以外にも様々な戦闘が行えるようになった。

登場作品と操縦者[編集]

ガンダムビルドファイターズ
ファイターはヤサカ・マオ
世界大会決勝戦の前夜祭の最中に製作され、巨大アリスタの暴走事件が起きた際にはイオリ・セイレイジ達の援護の為に参戦。多数のモックを撃墜している。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

アームパック
本体とリフレクターミラーユニットに挟まれる形で設置されており、フレキシブルに可動する。

武装・必殺攻撃[編集]

バルカン砲
頭部に2門内蔵。迎撃や牽制等に使用される。
クロスボーン ガン&ソード
原型機のX字型スラスターを流用して製作された複合兵装。不使用時には腰部にマウントされる。
グリップは角度が自在に変えられ、ビーム砲とビームサーベルに機能を切り替えられる。また、これ自体がヒートソードとしても使用可能で、外周部を赤熱化させて対象を溶断する。
余談だが、これを胸の前でX字に交差させると海賊の紋章のように見える。
ザンバスター
携行式のビームライフル。ビームザンバーとバスターガンに分離可能。
ビームザンバー
ザンバスターのグリップ部を構成するビームサーベル。その高いパワーとビームの刀身を粒子加速させる事で相手をビームサーベルやビームシールドごと切断できる。
バスターガン
ザンバスターのバレル部を構成するビームガン。小型で取り回しが良いが、威力は低い。
ビームサーベル
胸部に2本、アームパックに2本の計4本を装備。ビームガンとしても機能する。
アームパックを展開すれば四刀流での攻撃も可能。
ヒートダガー
両脚部に1本ずつ、計2本を格納しており、スラスターの余剰熱で刃を熱して使用する。足裏から刃を出して攻撃する事も出来るが、原型機のように射出まで可能かは不明。
スカルサテライトキャノン
胸部の髑髏内に1門内蔵され、発射時には口を開く形で展開される。その威力はガンプラが装備可能なビーム砲の中でも最大級であり、一撃で多数の敵を葬り去る。
ガンダムX魔王のハイパーサテライトキャノンは長大な砲身を手で保持して発射する方式だったが、本機は小型かつ内蔵式なので両手に別の武装を持ったまま発射が可能。被弾率も非常に低い。しかし正面にしか撃てなくなってしまった上、エネルギーの問題もそのまま引き継がれてしまっているので連射は出来ない。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

クロスボーン・ガンダムX1
原型機。
ガンダムX魔王
この機体の機能が組み込まれている。

商品情報[編集]

話題まとめ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]