ガンダムF90-Uタイプ

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ガンダムF90-Uタイプ
外国語表記 Gundam F90 Up-Lift Type
登場作品
デザイナー 大河原邦男
テンプレートを表示
スペック
分類 汎用試作型モビルスーツ 大気圏離脱仕様
型式番号 F90U
頭頂高 14.8m
本体重量 9.8t
主動力 熱核融合炉
装甲材質 ガンダリウム合金セラミック複合材
開発組織 サナリィ
所属組織 地球連邦軍
テンプレートを表示

概要[編集]

ガンダムF90に大気圏離脱用のミッションパックを装着した形態。

F90はミッションパックの換装によって宇宙・地上双方で運用出来る全領域対応機であるが、大気圏離脱の際は出力と推力を補う大型のブースターパックを接続する必要がある。このブースターパックは円筒形のブースター部をバックパックにジョイントする方式を取るが、バックパックのみではその重量を支える事が不可能な為、腕部・脚部・肩部のハードポイントも使用して機体とロックする構造となっている。また、上半身前面には頭部やコクピットといった最重要機関を保護する目的で高耐久性のカバーパーツが装着されている。

大気圏離脱後はブースター本体やカバーパーツが速やかに本体から分離され[1]、大気圏離脱後は速やかに戦闘へ移行出来るシステムとなっている。

登場作品と搭乗者[編集]

機動戦士ガンダムF90
ミッションパックの名称と仕様の初出。
F90 A to Z PROJECT
大河原邦男氏によるデザイン画と詳細な設定が公開された。大型ブースターとカバーによってシャトルに手足が生えたようなデザインが話題を呼んだ。

装備・機能[編集]

特殊装備[編集]

ブースターパック
大気圏離脱の為の推力と出力を補う為の大型ブースター。その重量からF90本体にはバックパック、腰部、肩部、脚部のハードポイントに固定用フレームを介して接続される。
カバーパーツ
上半身を覆うように装着される高耐久性のフェアリングカバー。コクピットや頭部などの最重要機関を保護する目的の装備である。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ガンダムF90
本体。
ガンダムF90-Pタイプ
本機とは逆に大気圏突入を行う為の形態。
クロスボーン・ガンダム (X1X2) / ゾンド・ゲー / ドク・オック
木星での運用時などに本機の物と同型のブースターを使用している。

資料リンク [編集]

リンク[編集]

商品情報[編集]

脚注[編集]

  1. ブースター本体は小型機によって回収される。