ゾンド・ゲー

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ゾンド・ゲー
登場作品 機動戦士クロスボーン・ガンダム
デザイナー 長谷川裕一
テンプレートを表示
スペック
分類 汎用量産型モビルスーツ
全高 10m程度
開発組織 ブッホ・エアロダイナミックス社
所属
母艦 マザー・バンガード
主なパイロット ウモン・サモン、他
テンプレートを表示

概要 [編集]

コスモ・バビロニア建国戦争末期に開発されたモビルスーツ。全高が10mほどしかないのが特徴だが、それはモビルスーツの小型化に積極的だったクロスボーン・バンガードの要求にブッホ・エアロダイナミックス社が答えた形である。しかし、技術的革新を以ての小型化ではなく、ただ小さくしてみましたというだけの機体であり、性能もそれなりのものにしかなっていない。デナン・ゾンの試作機をそのまま量産機にしたという説もある。

木星帝国との対決を決意したベラ・ロナら宇宙海賊クロスボーン・バンガードが戦力を補うために使用した。その際にエンジンを換装するなどの改装が施されているものの、全体の性能は依然、満足のいくものとは言えない状態である。

登場作品と搭乗者[編集]

機動戦士クロスボーン・ガンダム
初登場作品。第1巻第1話から登場し、クロスボーン・ガンダムと共に木星帝国と激戦を繰り広げた。第2巻第3話では予備パーツの不足により、鹵獲したバタラに主力機の座を譲った。直後のイオの戦闘では囮として運用されている。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

ABCマント
MS用の追加装甲として用意された特殊装備。「ABC」は「アンチ・ビーム・コーティング」の略である。

武装[編集]

ショットランサー
クロスボーンのモビルスーツの多くに装備されている打突武器。先端のランス部を回転させながら射出して相手を貫く事も出来る。またヘビーマシンガンがニ門内臓されており、中距離の戦闘にも対応できる。
ビームライフル
デナン・ゲーなどが使用している物と同一。『クロスボーン』第2巻第3話などではバタラの物も使用している。
ビーム・シールド
左肩に装備。ビームサーベルを発展させた装備で、ビームと実弾を完全防御する。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

デナン・ゾンデナン・ゲー
これらの機体と武装を共有している。

商品情報[編集]

リンク[編集]