フォント・ボー

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
フォント・ボー
外国語表記 Font bo
登場作品
声優 石川界人(ゲーム作品)
デザイナー 長谷川裕一
テンプレートを表示
プロフィール
種族 人間(スペースノイド
性別 男性
年齢 16~18歳[1]
出身 サイド3 1バンチ
職業 学生 ⇒ MSパイロット
所属 民間 ⇒ 宇宙海賊クロスボーン・バンガードキュクロープス(DUST)
主な搭乗機
テンプレートを表示

概要[編集]

クロスボーン・ガンダム ゴースト』及び『クロスボーン・ガンダム DUST』の主人公。

長らくクロスボーンシリーズの主人公を務めたトビアの後を告ぐ形、世代交代のような形でゴーストから主人公を勤める事となる。名前の由来は、本作と強い関連性を持つ『機動戦士Vガンダム』の主人公、ウッソ・エヴィン(嘘・鋭敏)を反転させた「本当・呆」と、フランス料理の出汁の一種「フォン・ド・ヴォー」が元となった[2]。キャラクターの立ち位置・能力・家族関係にいたるまでウッソとは全くの正反対の人物として造形されている。

人物

サイド3旧ジオン公国)のズムシティに住む高校生、かなりのオタク体質でありクラブ活動で作ったAI、ハロロを搭載したタブレット端末で歴代のガンダムの情報を収集し独自のサイトを開き公開している。

そのレベルはモビルスーツに深い造詣を持つまでに達しておりただのオタクの領域を越えている。今東西の兵器の情報を彼なりにまとめてウェブサイトに公開し、GPシリーズのような歴史から抹消された機体のデータも掲載されている。

その結果のちにザンスカール帝国の兵器「エンジェル・ハイロゥ」の情報を入手してしまい、これが災いとなりザンスカールから命を狙われてしまう。その際に木星のエージェントであるカーティス・ロスコに命を助けられ、彼から自身と親族の安全を条件に彼が率いる特殊部隊「蛇の足」への参加する事となった。

その後、幾度か戦闘を経験した後、多数の子供たちがザンスカール帝国の者たちからギロチンによる処刑を勧告された際に子供たちを救出するために敵基地にベルと共に潜入、その際に基地内で発見したファントムを奪取し、その後はそれを乗機としてザンスカール帝国と戦い抜いていく事となる。

パイロットとして

上述の通り、重度なオタク体質ではあるが、根は真面目でモビルスーツの操縦技術も習得している。ニュータイプではなく、カーティス曰く『デバイス・ツールの扱いがとても上手い者』であり、(少なくともゴースト劇中では)純粋な操縦技術はエース級には及ばないものと思われる。 特に物語序盤では全くの素人であり、パイロットとしては自軍の足手まといになることも多かった(ハッキングなどでは活躍していたのだが)。 中盤に差し掛かる頃には、持ち前の知性と知識、更に技術とAIハロロの力そしてサブパイロットのベルナデットとのダックによる協力。豊富な機械知識を活かしたトリッキーな作戦などを駆使して、多数の敵機を撃退するまでに成長。更に、ファントムの性能を活かしきるために思考を重ねた結果、『理性が暴走した』と評される状態[3]に至る。

ファントム/ゴーストガンダムに乗り換えて以降の爆発的な活躍は、サブパイロットとして搭乗したベル(ベルナデット)の比重がかなり大きい。フォント不在時、ベル一人で出撃することが何度かあったが、彼女は問題なく一人で機体を動かせてしまったため、ひょっとするとパイロットの実力はベルよりも劣っているかもしれない。[4]

登場作品と役柄[編集]

機動戦士クロスボーン・ガンダム ゴースト
初登場作品。
機動戦士クロスボーン・ガンダム DUST
GUNDAM VERSUS
2017年9月にファントムがDLCで実装されるのに伴い、石川界人氏によるボイス収録がされた。

人間関係[編集]

宇宙海賊クロスボーン・バンガード[編集]

ベルナデット・ドゥガチ
カーティス・ロスコ
ハロロ

無敵運送 [編集]

アッシュ・キング

名台詞[編集]

迷台詞[編集]

搭乗機体・関連機体[編集]

ザクII〔グランパ〕
『ゴースト』最序盤での搭乗機。ズムシティからの脱出以降、戦闘・非戦闘を問わず活用された。
ファントム
サーカスに捕らえられたフォントが脱出の際に奪取。以降、彼の愛機となり秘められた機能を駆使して様々な苦難を乗り越えていく。
クロスボーン・ガンダムX-0
マリア・シティでの戦闘後に理性の暴走が起こった際、出奔のために無断借用した。
ゴーストガンダム
キゾとの最終決戦時に搭乗。死闘を繰り広げた後、彼とその野望を打ち砕いた。
ファントムV2
『DUST』での搭乗機。

余談[編集]

リンク[編集]

脚注[編集]

  1. 作中の言及がまったくないため不明。ただし高校生だと言う事は作中では確定しているため16~18である事はほぼ確定している。ただし『ゴースト』の最後ではコールドスリープにベルナデット共々ついているため『DUST』でも実年齢の変化はまったくない。
  2. 『ゴースト』第3巻、表紙の帯より
  3. 人間ゼロシステムとでも言うべき状態。終盤には未来予知じみたビジョンを見るほど。
  4. 旧式のザクに搭乗した際、本人がフォントが操縦しているのを見て覚えたと発言している (『ゴースト』3巻サーカスの檻参照)。